西武ライオンズの多和田真三郎投手が自律神経失調症で契約保留――これも1993~94年生まれ世代

体調不良で契約更新ならず

西武ライオンズの多和田真三郎投手が自律神経失調症で契約保留とのこと。


回復の目処が立ち次第契約更改を行う予定だというが、現状、復帰の見通しが立っていないという。

本人は現在も復帰を目指して、治療を続けています。ただ、残念ながら現時点では、復帰の見通しがたっていないため、契約保留選手のまま病状回復を待つことになりました。もちろん、私たちは今も多和田を貴重な戦力であると考えていますので、チームドクターならびに専門医の先生方とも密に連携をとり、復帰の見通しがたち次第契約更改を行うつもりです。多和田本人とも話をした上で、私たちはこの形が彼が復帰を目指す上で、ベストの形であると考え、選択をしました。

【出典元】西武多和田「自律神経失調症」公表 契約保留選手に/日刊スポーツ

多和田投手は2019年シーズンに開幕投手を務めたが、不調により5月に一軍登録を抹消されている。二軍での調整を経て7月に復帰したが、その後体調不良を訴え、所頻脈性不整脈と診断されたという。治療を受けながら残りのシーズンを戦った。

多和田投手のホロスコープ

多和田真三郎選手

この人も1993年生まれだね。
先日取り上げたアイスダンスのマイア・シブタニ選手(腎臓がん)と同じく、1993~94年生まれ世代。

まあこの図もけっこうモロに影響受けてかなり厳しい状態にみえる。
しかもこの図は土星も気になるね。

ハウスがわからないけど、現時点ではかなり注意と言えそう。嫌な暗示がなきにしもあらずで。

この世代は今ホントに注意。いやマジで。