『直撃!』フリン将軍インタビューが波紋「反乱法は発動してない」「軍事政権にもなってない」

マイケル・フリン将軍のインタビュー

マイケル・フリン将軍のインタビュー映像が話題になってる。

このインタビューは、保守派・愛国者の作家でポッドキャストなども手掛けているダグ・ビリングス氏のYoutubeチャンネルに最近アップされたもの。

これを見て、ずっこけたトランプサポーターはけっこういるかもしれない。

パトリック・バーン氏の手記といい、ちょっと残念な話題が多いが。

トランプ氏は反乱法には署名してない

インタビューでビリングス氏は、物語をつなげたいと思ってる沢山の人達の希望をあなた(フリン将軍)に聞きたい、と前置きし

ビリングス氏
「トランプ氏はこれまで反乱法に署名しましたか?」

フリン将軍
「ノー、ナンセンス(馬鹿げてる)」

とハッキリ答えている。

次に

ビリングス氏
「米軍が国家を運営していますか?」

フリン将軍
「もっと馬鹿げてる」
「そんな計画はない。沢山の人がいて、状況を受け入れる必要があるんだ」

これを額面通り受け取るかどうかは、あなた次第だが。

最後に

今さらこれを言っても実もフタもないが、ホロスコープ的には今回の大統領選は、常識的なことをやっては勝てない暗示だった。いざフタを開けてみても、実際に普通じゃない(と疑惑のある)ことをやった方が勝った。

一方、「憲法の範囲内で」とした正攻法の戦い方を選択したトランプ陣営のやり方では、やはり難しかったかもしれない。

でもこれがホロスコープの暗示であり、納得がいかないかもしれないが歴史を見てもそうしたことは起こってきた。(良い悪いは別にして)

なので今後もしトランプ陣営が逆転を目指すなら、それなりの秘策が必要だろうとは思う。

『続2・敗因』なぜトランプ氏が負けたのか、パトリック・バーン氏の手記がすべてを物語っていた(第4章)

2021年2月5日

『続・敗因』なぜトランプ氏が負けたのか、パトリック・バーン氏の手記がすべてを物語っていた(第3章)

2021年2月2日

『敗因』なぜトランプ氏が負けたのか、パトリック・バーン氏の手記がすべてを物語っていた

2021年1月29日

戒厳令、パウエル弁護士特別顧問、投票機押収――側近たちが反発と報道、トランプ氏「フェイクだ」

2020年12月20日