『続2・敗因』なぜトランプ氏が負けたのか、パトリック・バーン氏の手記がすべてを物語っていた(第4章)

感じるチグハグさ

パトリック・バーン氏の手記の第4章がアップされた。
12月23日-1月6日正午までのタイムライン。

うーんなんだろう、読んで感じるチグハグ感。

間違いなくフリン将軍とバーン氏らのチームは志が高く、前に進もうとしていた。

しかしその一方で、カカトを踏んでいるような、どうにもできないものがいたと思わざるを得ない。

大晦日

バーン氏は大晦日でさえジョージア州フルトン郡の倉庫に飛んでいき、ジョヴァン・ピュリッツァー氏と会っている。

ピュリッツァー氏はこの直前に行われたジョージア州公聴会で証人に立ち、その場で機器がネット接続できることを証明した専門家だった。

そしてバーン氏らはセキュリティ専門家らとともに、機器の脆弱性について真夜中まで資料を作っていたという。

年明け

フリン将軍は元日も働いていたようだ。

バーン氏は元日、投票用紙の印刷の分析などをし、また別のメンバーは投票用紙が保管されていたアトランタの倉庫を監視していた。

しかし一方で、フリン将軍からバーン氏に送られてきたメールには、パーティーに興じている身内の姿が写っていた。そこにはシャンパンを飲んで踊っている姿があったという。

温度差を感じざるを得ない。

そんな時、アトランタの倉庫にトラックが現れ、投票用紙を運び出した。そしてシュレッダーにかけられた。それは最終的にF○Iに引き継がれ、処理が完了したという。

一縷の望み

そのような事があった後でさえ、バーン氏はまだ大統領に策を伝えようとした。

1月6日まで、まだ数日の猶予があった。

そこで大統領の決断さえあれば、可能性は残った。

1月6日、ワシントンDC集会

そして1月6日の集会。

この日フリン将軍もバーン氏も、ホワイトハウスの南広場でスピーチをする機会が与えられていたという。

そこで世界中で見ている視聴者たちに、選挙で起こったことについてアピールができれば、と考えていた。

しかし現実にそれは起こらなかった。

バーン氏の言葉を借りて言うなら、それはただの「激励会」でしかなかったという。

最後のチャンスの場だったのに、単なる激励会に使われた。

フリン将軍とバーン氏らは怒りをこらえながらホテルに戻り、荷物をまとめたという――。

最後に

最後に疑問が残ってしまった。

大統領は、本気で勝とうと思っていたのか。

夫人は戦わないよう、懇願していたようだ。
二期目を務めれば、J○○の二の舞になると忠告されていたからだという・・・

さらに続編は続く(と思う)。

『続4・敗因』なぜトランプ氏が負けたのか、パトリック・バーン氏の手記がすべてを物語っていた(第6章-余波)

2021年2月10日

『続3・敗因』なぜトランプ氏が負けたのか、パトリック・バーン氏の手記がすべてを物語っていた(第5章-ラスト)

2021年2月8日

『直撃!』フリン将軍インタビューが波紋「反乱法は発動してない」「軍事政権にもなってない」

2021年2月6日

『続・敗因』なぜトランプ氏が負けたのか、パトリック・バーン氏の手記がすべてを物語っていた(第3章)

2021年2月2日

『敗因』なぜトランプ氏が負けたのか、パトリック・バーン氏の手記がすべてを物語っていた

2021年1月29日

『驚愕!』ピュリッツァー氏が新たに爆弾告発「票監査が決まった途端、トラックで運び出されてシュレッダー」

2021年1月1日

『決定的証拠』GA州公聴会であの投票機がネット接続できてしまう、ペンス副大統領は1/6動くのか

2020年12月31日

『これは事実?』パトリック・バーン氏のツイートが話題「トランプ側近たちは負けを望んでる」「内側から裏切られてる」

2020年12月21日