芸能レポーター井上公造氏、小倉優子擁護は逆効果?――夫「引退を迫ったことは一度もない」

「泣きじゃくっていた」むしろ逆効果?

芸能レポーターの井上公造氏が、別居騒動の小倉優子氏と直接電話で話し「泣きじゃくっていた」と明かした事が、逆効果だとネガティブな流れになってる。

夫が否定

井上公造氏は3月13日に放送された関西ローカルの情報番組「おはよう朝日です」において、小倉優子氏に直接電話で話を聞いたことを明かした。

井上氏によると、小倉の夫の親戚が“芸能人御用達の歯科医院”を経営しており、そこを夫に継いで欲しいとの話があった、とのこと。そして「そこを継ぐんだから(小倉が)芸能界にいると継ぎづらい」「芸能界を辞めて欲しい」との話になったという。

【出典元】小倉優子泣きじゃくる「やり直したい」/ナリナリドットコム

しかし、同じく13日放映のTV番組「グッド!モーニング」では別居中の夫に直撃、芸能界引退を迫ったことを否定しており、井上氏の話と矛盾する形となった。

 まず夫は「事実と反する報道がなされていることについて、本当に残念に思います」とコメント。「私の役割として、芸能界で活躍する妻を支えることが大切なことだと思っておりますし、やりがいも感じていたので、私から引退を迫ったことは一度もなかったです」と、別居理由の一つとして報じられた専業主婦になってほしいというものを否定した。

【出典元】小倉優子の夫「引退を迫ったことは一度もない」 グッド!モーニングが報じる/デイリースポーツ

井上公造氏

井上公造氏

まあこの図は仰々しく盛るみたいなのが性分っぽいので、こういう芸能レポーターみたいな立場は需要あるんだろうなとか思うけど。

ただもしかして今回の発言に業界の裏みたいのがあるとするなら、今の状況はそれで自身の信用を落とすみたいな配置にはなってるかなと。

もともと山羊座と蠍座のスクエアっていうサイン違いのハードがあるのが興味深い。何者かとの深い関わり合いで本来の道を曲げられるみたいな感じがあって。

夫「私は話せる立場にない」

それ以前の問題として、女性セブンが夫に直撃した際、こんなやりとりがあるのはどうなんだろ。

――お子さんを授かったタイミングですが…。

「…私は話せる立場にないんです。彼女の仕事もありますので…彼女本人に聞いていただいた方がいいかと」

【出典元】小倉優子、離婚危機の真相 夫が芸能活動に口出し口論絶えず/NEWSポストセブン

うーんそういえば小倉優子氏のホロスコープに何やら気になる暗示もあったような・・・。

【こちらもどうぞ】
小倉優子氏に離婚危機報道、突然夫が出ていった?――モテそうなホロスコープだけど結婚は