ブルゾンちえみ氏が事務所を退社し海外留学を決意――ホロスコープに暗示が盛りだくさん

事務所を退社し海外留学

タレントのブルゾンちえみ氏が、所属事務所ワタナベエンターテインメントを退社し、海外留学をする意向とのこと。

 お笑いタレントのブルゾンちえみ(29)が今月いっぱいで所属事務所「ワタナベエンターテインメント」を退社し、本名の藤原史織として新しいフィールドに挑戦することが13日、分かった。関係者によると、近く海外留学し、外国語を学ぶほか、各国に渡って見聞を広める意向だ。

【出典元】ブルゾンちえみ 欧州留学へ 事務所円満退社し本名で新たな夢追う/スポーツニッポン(2020年3月14日付)

ブルゾン氏はもともと海外に憧れがあり、社会貢献なども含め海外で新たなフィールドを見出していくようだ。早ければ来月から欧州方面に留学する予定で、レギュラー番組も3月いっぱいで卒業するという。

これまで

ブルゾン氏は岡山県生まれ。
教員を目指して島根大学教育学部に入学したが、大学3年の時にペットのハムスターが死んでしまい「これは辞め時だ」と感じて中退したという。これ、ホロスコープ的には確かに暴走してドロップアウトしそうなタイミングだよね。

その後、友人と共にワタナベエンターテインメントカレッジに入学、もともと歌手を目指していたが、タレントを薦められバラエティタレントコースに入ったとのこと。2015年9月に卒業しワタナベエンターテインメントに正式に所属。

2017年の正月に『ぐるナイ!おもしろ荘』で優勝しブレイクしている。

ホロスコープ

ブルゾンちえみ氏

まず金星に目が止まったのだけど、彼女の一度見ると忘れられないような個性は、おそらくこの金星だろうなという感じがした。

まあブレイクしたのもこの図ならではという感じで、完全に時代の波に乗っただろうし、思っている以上の結果が得られたと思う。

この図はほとんどが土水で環境にハマるっぽいけど、太陽だけが飛び出しそうになっていて、その年令での行動ということ。しかもそれが何かのきっかけになりそうな暗示がある。

いずれにしても、なかなか大胆さを感じるホロスコープだよね。
いきなり大学を辞めちゃったり、せっかくブレイクした芸能界をスパッと見切って海外留学を決断したりして、型にハマった人生じゃない。

確かにこの図は大化けもありそうだし逆に大失敗もありそうで、どちらに転ぶかは彼女次第というか、どういう人生選択をするかによるという感じで、なかなか興味深い。

海外へのきっかけ

今回の海外留学のきっかけになったのが、2018年西日本豪雨で実家が被災し、ボランティアに参加した時に感じたという。上に述べた金星がその時のスイッチの一つになってる。

それ以外にも西日本豪雨のタイミングは、彼女にとって突き動かされるモチベーションが発生するホロスコープ要素がいくつか重なっていたので、ここで何か動かなければいつ動くんだという感じでもあった。

またこの図は、7年毎になにかそれまでをぶち壊したい衝動に駆られるはずなので、ハムスターが死んで大学を辞めた時がおそらく21才、そして西日本豪雨が28才だと思うが、そういう要素も重なってる。

まあ、このように積極的に人生を開拓していこうという人には、ホロスコープはかなり役に立つ。