釈由美子氏が提携事務所との契約を解消――ギャラ未払い問題で

ギャラ未払いが報じられていた

タレントの釈由美子氏が、ギャラ未払いトラブルで提携事務所との契約を解消したという。

7月30日発売の雑誌FLASHが『釈由美子、タダ働き1年半「給料1000万円」未払いトラブル』という記事の中で、事務所トミーズアーティストカンパニーから、1000万円にものぼるギャラが支払われていない状況を報じていた。

これを受けて釈由美子氏本人がブログでコメントを発表し、一部の内容を一部否定しながらも、7月31日をもって業務提携契約を解除したことを報告した。

釈由美子氏はデビュー以来、同事務所に所属していたようだが、4月に個人事務所を設立しており、業務委託契約を結んでいたという。

トミーズアーティストカンパニーの公式サイトによると、創立者の小林謙治氏が2016年に退任して以降、代表が次々と交代したことなどに伴って、何度か釈氏から事務所を離れたいと申し出があったという。

不思議ちゃんキャラ

釈由美子氏は1997年にデビューしたが、「小人のおじさんを見た」とかの発言でちょっと不思議ちゃんキャラという印象。

釈由美子

でまあホロスコープからすれば、それもありかなという感じで、この人はもしかしたらそういうセンスというかアンテナみたいのがあるかもしれない、というか否定できない。この図によると、何ヶ所かそれを裏付けるようなポイントがある。

そういう霊的センスみたいなのって、割とある人には実際あると思ってて、実際私の知り合いにも何人かいるけど。まあ理解しない人は全く理解しない分野。

タイミング的にも

で今回の釈氏のトラブルみたいなのは、2016年くらいから起こっているということからしても、本人もコントロールできないトラブルという風になっていたのかなと。

彼女はいま火星の年齢なので、おそらく関係間においてのトラブルという感じになるだろうが、この火星はアスペクトが荒れていないので、この程度で済んで幸いかもしれない。

まいずれにしてもタイミング的には、彼女の表札の掛替えみたいな時期でもあるので、個人事務所を開設したというのもその現れかと思うし、さらに今回の提携解消もそうなんだろうけど。