笠井信輔アナがフジTVを退社しフリーに――ホロスコープで言えば既定路線か

安定の管理職を捨ててフリーに

フジTVの笠井信輔アナ(56)が9月30日付で退社し、フリーとして活動するという。退社後は小倉智昭氏らの事務所オールラウンドに所属することになっているもよう。

笠井アナはフジTVで32年間勤め、現在アナウンス室専任部長になっている。小倉氏によれば2年ほど前からフリーの話をしていたという。

退社の理由については

“もっと広い世界でしゃべりたい、書きたいから”。趣味が高じて年間約150本の新作映画と約100本の舞台を毎年観ていますが、局アナという立場では制限もあります。自分の知識や体験を生かした仕事にさらに携わっていきたいという思いから、退社を決断いたしました。

【引用元】笠井信輔アナ、9月末でフジ退社「もっと広い世界でしゃべりたい」/マイナビニュース

管理職としての仕事よりも、現場にこだわったということか。

笠井信輔アナのホロスコープ

フジTVに定年までいれば退職金満額出るし、安定路線がキープできるのにっていう意見もあるかもしれないが、これ見ると既定の人生路線に見えるけどね。

いかにフジTV部長ったって、この人は組織で管理職っていう風に生まれてきていないので、たぶん自分の中でも違和感もあっただろう。まあハウスわからないので断言できないけど。

今はタイミング的にも、自分の好きな方向を活かしたいというのが膨らんでしまっているし、本人のコメントにも現れているように、制限されず自分の方針でやりたいという感じなので、飛び出すのにはいい機会かもしれない。

ただちょっと暴走気味ではあるけど。

まあこのままフジTVにいても、もしかしたら何かで犠牲になったかもしれないし。