不倫報道で競泳の瀬戸大也選手が謝罪、最近1994~95年生まれが目立つ件

取材拒否が一転、謝罪に

水泳の瀬戸大也選手に不倫疑惑が報じられた件で、当初取材拒否していた姿勢を一転して報道を認め、謝罪コメントを出している。

 瀬戸大也「自分の軽率な行動により大切な家族を傷つけ、応援して下さっている皆様、関係者の方々、支援頂いている企業の皆さまに大変不快な思いとご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。自分の行動を猛省し、家族との今後についてはしっかり話し合いたいと思っております。本当に申し訳ございませんでした」

【出典元】瀬戸大也が不倫報道を認め謝罪「自分の行動を猛省」 妻もコメントし「申し訳ございません」/スポーツ報知(2020年9月24日

これ実際の新潮の記事読んだけど、内容よりもまず、あのラブホ内の廊下の写真ってどうやって撮ったんだろ?っていうのが純粋に疑問だった。Web版記事には公開されていないものだが、あそこまで近づいて撮ってるとさすがに気づくだろ、って思った。

優佳夫人に同情の声

この件で妻で元飛び込み選手の優佳夫人(馬淵優佳氏)もコメントを出しているが、サレ側の奥さんまでなぜ?っていう違和感を訴える声もある。まあスポンサー向けなんだろうけど。

優佳夫人は二人の子供を生んで育てながら、アスリートフードマイスターの資格を取得して瀬戸選手を支えていたとのこと。ただアスリートフードマイスターってどういう資格なのかわからないけど。

いずれにしてもクリーンで正統派なアスリート同士のカップルでCMにも出ていただけに、かえってダメージがありそうだが。

瀬戸大也選手

瀬戸選手は2016リオデジャネイロ五輪の男子400m個人メドレーで銅メダルを獲得している。また子供の頃からライバルだったという萩野公介選手が同レースで金メダルを獲得、競泳の日本人ダブル表彰台は60年ぶりだったという。

さらに2019年7月の世界選手権で200mと400mの個人メドレーで金メダルを獲得し、12月にもラスベガスで短水路世界新記録で優勝している。

瀬戸選手は東京オリンピック代表に内定しており、JOC(日本オリンピック委員会)のシンボルアスリートにも選ばれているということだが、この件で10月の日本短水路選手の出場は白紙になったとのこと。

相手はCA?

新潮の記事によれば不倫相手の女性はCAだそうだが、瀬戸選手のスポンサーにANA(全日空)があるため、もしその人物がANAのCAだったら大変なことだと騒ぎになってる。まあもしANAじゃなくても同じ航空業界だし、ANAが「だったらいいや」ってなるのかは疑問だが。

ともあれ盗聴音声が流出しちゃったテレ東女子アナ2人とか、かねこあや氏なんかもそうだけど、最近1994~95年生まれあたりの人のトラブルが目立ってきてるかな。まあ相手のてんちむ氏もほぼ似たような生まれだが。

瀬戸選手は1994年生まれだし、優佳夫人もこの世代なので。

【追記】特定?

早くも相手の女性がネットで特定されているみたいだが、それが事実なら早いなあ。

ちなみにその人だとすればやっぱり1994年生まれっていう。この世代が複数絡むと波紋が広がるっていう話か。