バドミントン桃田賢斗選手がマレーシアで事故に遭遇――気をつけたい1993~94年生まれ

運転手は死亡

1月13日、バドミントンの桃田賢斗選手が遠征先のマレーシアで事故に遭った。

 マレーシアの首都クアラルンプール近郊で13日、バドミントンの男子シングルス世界ランキング1位の桃田賢斗(25=NTT東日本)らを乗せたワゴン車が大型トラックと衝突し、ワゴン車の運転手が死亡、桃田らが負傷した。

 日本バドミントン協会に入った連絡によると、桃田は病院で手当てを受けている。命に別条はないが、けがの程度について「顎部裂傷 眉間部裂傷 唇裂傷 全身打撲」と発表した。

【出典元】バド桃田賢斗 協会が検査結果報告「顎部裂傷 眉間部裂傷 唇裂傷 全身打撲」/Yahoo!ニュース

14日から行われるインドネシアマスターズ2020は、もともと下肢に炎症のためにキャンセルしていたという。日本に帰国する矢先での事故だった。

桃田賢斗選手

桃田賢斗選手

以前より書いてる1994年生まれ。ともかく1993~94年生まれ世代はいま注意。
しかも事故注意のタイミングだった。

ただ、いまのところ軽症とのことなのでラッキーだったのでは。骨折してもおかしくないようなホロスコープ状態だけに。しかも運転手は死亡しているし。

桃田選手は2018年9月から世界ランク1位をキープしている日本のエース。東京五輪ではメダルが期待されている。