『何が起こってる?』ペロシ議員情報/ワシントンDCに軍集結/各地でブラックアウトか

ペロシ議員、いろいろ情報が出まくる

ナンシー・ペロシ議員がペンス副大統領に、憲法修正25条を発動してトランプ大統領を解任するよう求めたとのこと。もしそのアクションをしないのなら、弾劾決議に持っていくと。
あと少しなのに必死なのね。

それとは関係ないけど、以前にペロシ議員の兄弟が、子供をレ○○した際のFBIの資料が公開になったそうで、事実らしいね。十数人でやったとかなんとか。被害に遭われた方たちになんと言っていいものか・・・。

ペロシ議員、ポートランド市長への書簡

もうひとつ、2020年7月にオレゴン州ポートランドで起こったBLMデモ隊の暴動の際に、ペロシ議員がポートランドのウィーラー市長に送った書簡を、リン・ウッド弁護士がパーラーで公開してる。
※ちなみにパーラーはAmazon AWSから追い出されてしばらく使えないみたいだ。

その書簡によると、ペロシ議員はウィーラー市長に対し、問題がない、全て平和で穏やかだと言え、マスコミがサポートする、と伝えてる。

それでもどうにもならなくなったら、T大統領のせいにしろ。このやり方は毎度効果があるわよ、って書いてる。私を信じなさいだって。
さすが有力政治家(笑)。

ちなみにこの書簡は本人のサイン付きなので、ある程度の評価はできるかもしれない。まあ筆跡鑑定しないとなんとも言えないけど。

ペロシ議員のホロスコープ

ペロシ議員は1940年生まれ世代で、ホロスコープは牡牛0獅子0のビタビタスクエアなんだね。生まれ持った優性遺伝を衝動がぶち壊す、という配置。

ホロスコープってホント興味深いものを示すよなあ。ちなみに父親も議員・ボルチモア市長だったらしい。

でそのスクエアに去年末以降、トランジットの土星がTスクエアに入ってて、いま彼女は追い詰められてる状態。これって普通のハードとちょっと違うよ、占星術よく知ってる人なら意味分かると思うけど。

てか、この人もう80才なんだね。この年令だと身体に不調出てもおかしくないんだが。普通に考えてもうリタイヤしてもいい年齢なんだけどね、頑張ってるわまじで(笑)。

ワシントンDCに軍が集結

さて昨日あたりから、ワシントンDCにぞくぞくと軍が集結しているみたいだ。

これ1月20日の大統領就任式まで警備するためと報じられてるけど、にしてはずいぶん日にちが開き過ぎじゃないのかな。

さらにワシントンDC周辺のほか、グランドフォークス空軍基地・カリフォルニア州ビール空軍基地・グアムのアンダーセン空軍基地の周辺でも16~17日まで飛行制限が発令されてるんだけど、これは関係あるのか。どうなんだろ。

世界各地でブラックアウト?

昨日の記事で書いたが、バチカンでブラックアウトがあったという情報が流れた。これについてガセだとか法王がどうとか、いろいろ情報があってまだよくわからない。法王のお抱えドクターがCOVID19で亡くなったという情報もあったが。

さらにパリやベルリンでもブラックアウトがあったという情報が流れたけど、これについてもガセという話もある。なにかの情報操作か撹乱か、はたまた単なる愉快犯か。いずれにしてもすぐ飛びつかないほうがいいかと。

ただパキスタンのは、大手メディアが伝えているので事実っぽい。

これ大きな国との絡みで、裏で大きな契約があったという話もあるけど、まあ今のところ憶測の域を出ないのでなんとも言えない。

シリコンバレーから脱出か

いま各ビッグテック企業の上級レベルのスタッフの履歴書が、Gab社に届いているという。つまり転職希望が来ているということかと。

Gabの公式アカウントでは「脱出が始まってる」「シリコンバレーのパニック」と言っているね。もし事実なら、たしかにビッグテックはあまりにやりすぎてるもんなあ。今のやり方にドン引くスタッフがいてもなんらおかしくない。

沈む船からネズミが逃げ出すという話があるけど、まあ山羊座もあと数年で終わりなんで、山羊座的なものは遅かれ早かれ何らかの反動が来ると思うよね。見守っていきたい。

最後に

さていよいよ太陽が冥王星に近づいた。ここからしばらくの間で起こることは、大きな事になるよ。

ともかく情報には注意。

昨年末に、これからは個人個人が情報のアンテナを鋭敏にすることが重要と書いたが、結局こういう事。

『悲報!』ペロシ下院議長がPCパクられて必死?/国会議事堂襲撃を知っていた?

2021年1月10日

『まだ間に合う?』ようやくラトクリフレポート提出/イタリア疑惑続報

2021年1月8日

『緊急事態!』米国会議事堂にデモ隊が乱入、Antifaなりすましか?/ペンス動かず/トランプ氏はいま軍か?

2021年1月7日

『また不正?』ジョージア州で変な票の動きがライブ中継されてしまう/大統領選イタリア関与説?

2021年1月6日

『1月6日決戦!』ペンス副大統領がするべきエリス顧問案とは?/リン・ウッド氏過撃ツイが波紋

2021年1月5日