バイデンもう辞めるの?「カマラ・ハリスはもうすぐ大統領になる」発言が物議

アフガニスタンの米軍撤退期限、延長問題

複数のメディアによると、バイデン大統領がアフガニスタンの米軍撤退期限を延長するかどうかを24時間以内に決定する予定だと報じられています。

しかしバイデン政権がどう思おうが、タリバンは8月31日の米軍完全撤退期限を延長するつもりはないみたいです。

各国の首脳がプーチンの元に

すでにフランスのマクロン大統領やイタリアのマリオ・ドラギ首相などは、アフガニスタン情勢についてロシアのプーチン大統領と話し合ったと報じられています。

またドイツのメルケル首相、トルコのエルドアン大統領、ヨルダンのアブドラ国王なども続々とアフガニスタンについてプーチン大統領と話し合っているようです。

イギリスのボリス・ジョンソン首相はバイデン大統領に電話をしたが、24時間無視されたとの報道もあります。もはやバイデンは頼りにされていないということでしょうか。

カマラ・ハリスが大統領に?

そんな中でバイデン大統領の発言が物議になっています。

たまたま彼女(カマラ・ハリス副大統領)は私のためにアジアにいますが、それがアメリカ合衆国に女性の副大統領がいる理由であり、かなり早くにたぶん大統領になるでしょう。

今のところ、バイデン大統領は2024年の大統領選でハリス氏を出馬させる動きを見せていないようなので、なぜこのような発言をしたのか波紋を呼んでいます。

個人的にはこの発言が本気なのか、あるいは例の症状なのか、なんとも言えないですけど。

ではこの辺で失礼します。