『文春砲』神田沙也加と前山剛久の音声データがリーク?――何度も「○ね」と罵倒されていた

何度も「○ね」と罵倒

週刊文春が神田沙也加氏の転落死について二の矢を放ちました。まさに文春無双。

2021年12月18日に滞在先の札幌のホテルで転落死したとされる神田沙也加氏の死について、先ごろ文春は遺書の存在を報じ、その衝撃的な内容を伝えていました。

これには「そっとしておいてやれ」などの批判の声もありました。

今回文春は、神田沙也加氏と前山剛久氏の会話と思われる音声データの存在を報じ、その中で沙也加氏と思われる女性が「○ね」などと罵倒されていたことを伝えています。

これが報じられるかどうかのタイミングで、前山氏は舞台降板と活動休止を発表しています。ずいぶんとタイミングがいいです。

親友に相談していた

記事を読みましたが、音声データは沙也加氏自身が録音したものだと報じられています。リークしたのは誰かわかりませんが、沙也加氏は前山氏のことを親友に相談しており、LINEの内容なども送っていたといいます。

前にも書きましたが、沙也加氏のホロスコープは彼女のメンタルの弱さを示しており、何かあったときにグラグラ揺れてしまうのがハッキリとわかります。ゆえに心療内科に通っていたことや、親友に頻繁に相談することなどは容易に想像できます。

しかも彼女は、人に相談するタイプだというのもホロスコープにハッキリ表れています。

神田沙也加氏がホテルから転落死、自殺か?――気になるホロスコープのシグナル

2021年12月19日

前山剛久の生まれ持ったエネルギー

また別の投稿で書きましたが、こうしていろいろな材料がリークされるのは、前山氏のホロスコープにある生まれ持ったエネルギーが、そういうことを引き寄せていると思います。

たまたまではないのです。

世の中にはそういう業みたいなものを背負って生まれてきている人もいるということです。これは本人や周囲がいくら隠そうとしても、エネルギーがそうさせてしまいます。

一時、前山氏は憔悴していると伝えられ、今回活動休止が発表されました。もし文春が報じた遺書や音声データが事実だとすれば、これは見方によっては逃げているとも受け取れてしまいます。

そして仮に逃げているのだとすれば、こうして次々と出てきてしまうのです。

以前書いたことの繰り返しになりますが、前山氏は間違った方向に進んでしまったと思われ、ホロスコープはその軌道修正を要求していると思います。

『文春砲』神田沙也加氏の遺書がリーク、俳優・前山剛久氏との関係が原因か?――ホロスコープ考察

2021年12月23日

メディアの矜持

今度ばかりはネットの反応は、前山氏に対して疑問を呈する声が多いように思われます。

少し前までの「そっとしておいてやれ」という同調圧力は、TVをはじめとするメディアなどにも及んでいたと思え、一斉にこれに触れない風潮には少なからず違和感を感じます。

なぜならメディアは報じることが役目だからで、もし忖度があって報じないのなら、それは第二次世界大戦時の大本営発表から何も学んでいないことになります。

こうした風潮に一石を投じるかのように、文春は二の矢を放ちました。批判されることもありますが、見方によれば文春の姿勢はメディアとしては正しいかもしれません。

もし気に入らなければ読まなければいいだけの話で、報じるなと言うのは「日本国憲法第21条」における表現の自由を脅かしていることになるのでは。

そして三の矢があるのかどうか。