「#検察庁法改正案に抗議します」黒川弘務・東京高検検事長に賭け麻雀疑惑の文春砲

検事長に賭けマージャン疑惑

またしても週刊文春の特大砲。
牡牛座最後の太陽だけに派手にやらかしたね。

定年延長が波紋を呼んでいる黒川弘務東京高検検事長に、賭けマージャン疑惑が報じられた。

 東京高検検事長の黒川弘務氏(63)が、産経新聞社会部記者や朝日新聞の元検察担当記者らと賭けマージャンをしていたことが、「週刊文春」の取材で判明した。

【出典元】黒川弘務東京高検検事長 ステイホーム週間中に記者宅で“3密”「接待賭けマージャン」/文春オンライン

記事によれば緊急事態宣言下の5月1日、産経新聞の記者宅に集まり、夜7時頃から深夜2時までマージャンをしていたという。さらに13日にもやっていたとのこと。

いずれの日も終わった後に黒川氏は、新聞社が用意したハイヤーで帰宅したと伝えている。

これで検察庁法改正引っ込めた?

もしこの記事が事実だとしたら相当なスクープだが、一部で、検察庁法改正を今国会での成立を諦めたのは、この文春の記事が出ることが事前にわかったため引っ込めたと言われてるね。まあ単なる憶測だろうが。

でもそう言えば確かに、あの政権がいともあっさり引っ込めたなあという印象だった。逆に言えばこのスクープはそれくらいの逆転満塁ホームランということか。

しかし朝日新聞の記者もとはね。

仮に「賭けていない」で賭博行為疑惑は逃れたとしても、検察のしかも渦中の人が特定の新聞記者と個人的につながっていたというのもあるし、ハイヤーの利用料金もある。そこに大手新聞社が絡んでてちょっと状況厳しい印象だけど。

まあ黒川氏の定年延長を快く思わないところからのリークかなとも思うが、いずれにしたって脇が甘いというしかないし、こんな記事が出てしまうのが検察のトップでいいのかというのもある。

黒川弘務氏

黒川弘務氏

文春の記事では黒川氏はギャンブルを好むとも書いており、さらにそれが今のタイミングでこのようなスキャンダルな形で出てきたと言う事で、個人的には黒川氏のホロスコープを見る前にある程度確信していたことがある。そしていざ見てみたらビンゴ。

なぜならたぶんこの世代なら、蠍座の海王星とのハードがあるはずという確信があったわけだけど、それがこのタイミングで出るべくして出ている理由なので、すべて理屈がつながる。

まあこれで下手をすると黒川氏の信用は落ちるという暗示だし、もしかすると悪者にされる。

までも別な意味でもこの図が検察のトップはどうかな。だって土星が・・・

ア○さんとの相性も見たけど、こうなるのも時間の問題だったのではという気がするが。

四柱推命

【年】丁 酉
【月】壬 寅
【日】辛 亥
【時】? ?

大運
01才~ 辛丑
11才~ 庚子
21才~ 己亥
31才~ 戊戌
41才~ 丁酉
51才~ 丙申
61才~ 乙未(庚子年 63才)

これ時柱に火がないと整合性つかないよなあ。
だけどこの人はゼネラリストじゃない感じだよね。つまりトップ適性かどうかは・・・。

蛭子能収氏も賭けマージャンで逮捕されてます。
あの人は現行犯でしたけどね。