神奈川県庁のHDD転売騒動、納税など個人情報の行政文書がなんと27TB分――さすが土星冥王星時代

朝日新聞がスクープ

神奈川県庁の行政文書などが記録されたHDDが、ネットオークションで転売されたことが発覚して大騒ぎになっている。このHDDには納税に関する個人情報などが大量に保存されていたという。

 流出したHDDは、本来は復元できないように業者が破壊処理するはずだったものだ。行政が保管する膨大な個人情報が流出するという、ずさんな情報管理の実態が明らかになった。

【出典元】HDD転売者の一問一答 「行政文書とは知らなかった」/朝日新聞DIGITAL

こういうのがあると、マイナンバーカード取得には逆風って感じだが。

土星冥王星+太陽海王星

一番被害を被ったのは神奈川県でもなく富士通リースでもなく神奈川県民かなと。これも令和のホロスコープのテーマ「巻き込まれる」を反映してる。台風・税金政治利用・データ流出などなど令和はいろいろ起こるね。

2019年12月6日

それと今回のは、ちょうど太陽が海王星と90度になったタイミングで出てきたのがミソと思ってて、今後に波紋を呼びそうな気が。

また、桜を見る会騒動もそうだけど「さすが土星冥王星時代」だなと思わざるを得ない。全然関係ないじゃん、と言われるかもしれないが、占星術的観点でいえば同類の事象なので。

ただ、まだまだな気もするけど。

ネットの反応を見てみると、叩くべきはブロードリンクで、神奈川県を叩くのはおかしいという意見もあるが、それは木を見て森を見ずかもしれないよね。どっちにせよデータ管理体制の問題とか末端処理軽視であることは間違いないので。

回収されていないHDDも

出品されたHDD0は全部で18個で、確認されたのはこのうち9個(合計容量27TB)にデータが残っていたという。落札したのはIT企業経営者で、落札後に復元ソフトで確認した所、データが残っていることに気づいてメディアに情報提供したという。なお残りの9個については回収できていないようだ。

神奈川県
 ↓
富士通リースのサーバー使用
 ↓ ※HDDの交換
初期化してブロードリンクに処理を委託
 ↓
ブロードリンクの消去担当者がHDDをネットオークションに出品
 ↓
IT経営者が落札
 ↓ ※確認のため復元「あれ?データ残ってる」
メディアに情報提供

これ、神奈川県庁じゃなくてメディアに情報提供したというのがポイントかと。もしかしたら変に隠蔽されたくないというのがあったのかもしれないが、いずれにせよ知識がある人でなければ出来ないことだし、問題提起ができて逆によかったという形にしなければならない。

個人的にこういう事象は、膿を出せという天体からの警告だと思っているので。

別のHDD持ち出し

さらにブロードリンクのデータ消去担当者が、これとは別のHDDを持ち出したことが発覚、ブロードリンクは窃盗容疑で被害届を出すという。

 同社によると、男性はデータ消去チームに所属している社員。神奈川県の文書流出問題の内部調査を進めていたところ、この男性が、同社が保管する別のHDDを荷物に入れて持ち出していたのを発見。神奈川県の行政文書に絡むHDDについても事情を聴いたところ、持ち出したことを認める説明をしているという。

【出典元】別のHDD持ち出しで被害届を提出へ 行政文書流出問題/朝日新聞DIGITAL

ブロードリンク社

ブロードリンク社の事業内容は情報機器の買取・再販・レンタルとなっている。

主要取引先は、誰でも知っているような大手企業の他に防衛相・官公庁・地方自治体・最高裁判所・電力会社・メガバンクなどがあり、今後これらの組織は確認が必要になるかもしれない。

ブロードリンク

ブロードリンク社のホロスコープも見てみた。

魚座の太陽と、牡牛座と水瓶座の90度がこの会社の事業を表してると思う。

ただ太陽には、いま海王星が重なってしまっているので気をつけたかった。

までもこの図は牡牛座と水瓶座の関係かな。
これが何を意味するかは占星術を知っている人はわかると思うが、どちらがどう作用するのかがポイントだろう。牡牛座13度の土星に対して水瓶座18度の天王星がスクエアという。
また、牡牛座の木星に対して水瓶座の海王星なので。

内輪の話になっちゃうけど、ちょうど今月のサビアン講座は牡牛座なので、ケーススタディとしていいタイミングになったかな。