ヤフーとアスクルが対立、アスクル岩田彰一郎社長退陣を要求――岩田社長旗色悪いか

LOHACO業績不振により

アスクルとヤフーのバトルが激しくなっているもよう。

両社が提携して運営しているネット通販「LOHACO」がここのところ業績不振で、ヤフーが事業譲渡を迫ったところ、アスクル側がそれを拒否し、提携解消を申し入れた。

それに対してヤフー側は拒否し、逆にアスクル岩田彰一郎社長の退陣を求めて対立している。

譲渡を断ったが

「LOHACO」は日用品を中心に、文房具・ヘルスケア・インテリア・家電用品など多数の商品を扱うECショップ。2012年にスタートしたが、2014年5月期から赤字が続いていたという。

今年1月アスクルに対し、ヤフーからLOHACOの譲渡の打診があったという。それを受けたアスクル側が検討した結果、2月に譲渡しないことを伝えた。

しかし6月になって、ヤフー側は岩田社長の退陣を要求してきた。ヤフーはアスクルの筆頭株主になっており、また第2位のプラス(株)もヤフー側に賛同しており、8月2日に予定されている株主総会で岩田社長が退陣となる流れか?

ホロスコープ考察

岩田彰一郎氏

まず岩田社長だけど、やはりちょっと厳しい。

たぶんタイミング的に、この人の言い分は理解されないような感じになっているのと、ちょっと攻めすぎ感が出てしまっているので、どうしてもひっくり返される可能性が否定できない。

またLOHACOのホロスコープも、現在は方向転換の暗示なので、運営形態を変えなければならないタイミングではある。

LOHACO

まあヤフーとアスクルのホロスコープも、どのみち混乱な相性なだけに、いつかこういう事態を招く可能性はあったかもしれないけど。