台風19号の被害が尾を引く中、20号・21号がダブル発生中――天体配置は災害の暗示が継続中

台風19号が残した爪あと

台風19号の被害者が、10月19日の時点で死者79人に上がったという。

【出典元】台風19号 死者79人に 行方不明8人 けが395人/NHK NEWS WEB

また4万5000棟以上の住宅が水に浸かったとも。

【出典元】台風19号 住宅の浸水被害 4万5000棟以上に/NHK NEWS WEB

以前ここで台風19号について書いた記事で、天体配置に「災害の暗示がある」と書いたんだけど、まさにそれが現実化してしまった。暗示オソロシス。

台風19号はカテゴリー5の脅威、しかもホロスコープには災害の暗示が

いずれにしても被災地の一日も速い復旧と、被災者が一刻も早く生活を取り戻されることを願ってやまない。

台風20号・21号が発生

ただそんな中、台風20号(ノグリー)・21号(ブアローイ)が発生した。

今後の情報に注意

気象庁のサイトによる、10月20日15時45分時点の情報では

  • 【台風20号】
    中心気圧:975hPa
    中心付近の最大風速:35m/s
    最大瞬間風速:50m/s
  • 【台風21号】
    中心気圧:985hPa
    中心付近の最大風速:30m/s
    最大瞬間風速:40m/s

20号は、22日15時には温帯低気圧に変わる予想になっている。
ただ秋雨前線と一緒に北上し、大雨になるとの予想がある。

21号の方は今後も発達していき、非常に強い台風となって25日15時には『955hPa・中心付近の最大風速40m/s』になる事が予想されている。今のところ東に逸れそうな進路予測だけど。

さすがに太陽冥王星は過ぎ去ったけど、天体の「災害の暗示」は依然としてまだ続いているので、今後も最新情報のチェックを。

特に19号で水害に遭った地域では気をつけてもらいたい。