またミネアポリス近郊で警官が黒人を射殺、ジョージ・フロイド裁判に火に油を注いでしまう

また白人女性警官が黒人男性を射殺

米現地4月11日、ミネソタ州ミネアポリス郊外で20才の黒人男性、ダンテ・ライト氏が警官に射殺された。なお、撃った警官は女性とのこと。

(※注意)過激な映像が含まれます↓

あーあ、火に油注いじゃったな。新たな火種になりそう(しそう)な予感。昨日「新月図が気になる」と書いたばかりなんだけど。

同じミネアポリスで2020年5月に白人警官によって死亡したジョージ・フロイド氏の裁判が次の日に再開するというタイミングで、もし白人警官に軽い判決など出ようものなら「いつでもいったるぞ」っていう暴動雰囲気マンマンな中で、これ。

っていうか、もうすでになってる。

事件のあらまし

この日ミネソタ州ブルックリンセンター警察が、登録期限が切れていたライト氏の車を停めた。

尋問中に警察がデータベースに照合したところ、ライト氏には未解決の逮捕状が発行されていることが判明。

警官が逮捕するため手錠をかけようとしたときに、一瞬の隙をついてライト氏が運転席に戻り車を発進しようとした。

発砲する寸前、女性警官は「I will tase you.(ティーザーで撃つわよ)」と宣告している(上の動画)。

それでもライト氏が発車しようとしたため、女性警官は「ティーザー、ティーザー、ティーザー」と叫んでる。ティーザーとはたぶんティーザーガンのことで、殺傷能力のない、感電させるためのいわゆるスタンガンの一種と思われる。

強引にライト氏が車を発車させたとほぼ同時に、女性警官が発砲したもよう。直後に「Oh my s**t. I just shot him.(やばい、撃っちゃったわ)」と言っている。

その場で死亡

車はそのまま急発進したが、数ブロック走った先で別の車に衝突してストップ。警官が駆け寄ったがライト氏は心肺停止状態で、CPR(心肺蘇生)を試みたもののその場で死亡が確認されたようだ。

車にはライト氏のガールフレンドの女性が同乗していたが、命に別状はないとのこと。

ちなみにライト氏に出ていた逮捕状だが、6月に「銃を振りかざしている男性がいる」という通報を受けた警察が駆けつけた際に現場から逃走し、銃の無許可所持容疑で出廷を命ぜられたが出廷しなかったため、捜査中だったもよう。

また2019年には大麻の所持販売、2020年2月には暴行の軽犯罪で有罪判決を受けているようだ。

その場で母親に電話

母親のケイティ・ライト氏によると、警察に停められた際にライト氏が母親に連絡したという。(母親は今年3月に彼に車を買い与えている)

そのとき彼は母親に、ルームミラーに芳香剤がぶら下がっていたため警察に停められた、と言っていたようだ。ちなみにミネソタ州では違反らしい。

その後「電話を置いて車を降りなさい」という警官らしき声が聞こえたという。そして争っているような音が聞こえ、警官が「ダンテ、走るな」と言ってる声がして、電話が切れたと。

その後母親がかけ直すと、ガールフレンドが電話に出て、彼が死んだことを伝えたようだ。

撃った女性警官が特定

警察の発表では、警官がティーザーガンを抜こうとして銃を抜いてしまった偶発的な事件だと言っている。

ブルックリンセンター警察のティム・ギャノン署長は記者会見で、署員の指示ではティーザーガンを使用するつもりだったが、銃を一発撃ってしまったと考えられる、と述べている。

撃った女性警官は勤務26年のベテラン、キム・ポッター氏と特定されているもよう。

発表によるとポッター氏は普通の管理職だという。なおこの事件の調査が行われている間は休職しているとのこと。

抗議活動が勃発

しかしこの事件が広まると、ブルックリンセンター付近では群衆が集まって抗議活動が始まった。やっぱり。

この場所はジョージ・フロイド事件があった場所から10数キロしか離れていないという。

ミネソタ州のティム・ウォルツ知事が、夜間外出禁止令を発令したものの暴動は収まらず、州兵が動員された。

ブルックリンパーク警察署では正面玄関が銃撃され、ガラスが粉々になったという。また近くのショッピングセンターでは、約20社のテナントが襲撃を受けている。

これに対して警察は、催涙ガス・閃光弾・ゴム弾などを使って制圧しようとしている。

このリンク先に動画あり↓

バイデン大統領のコメント

この事件についてバイデン大統領は「本当に悲劇的なことだが、調査で何が明らかになるかを待つ必要がある」と述べ、デモ参加者には冷静さを持つよう促している。

平和的な抗議活動は理解できる。実際、そのような環境における黒人コミュニティが持つ、怒り・痛み・トラウマは現実のものであり、深刻で、結果を及ぼすことはわかっている。

しかしそれは暴力を正当化するものではない。我々は平和と冷静さを求めている。そして、平和と冷静さを呼びかけているダンテの母親の声に耳を傾けるべきだ。

また針巣は「ダンテの家族は理由を知る必要がある」と言ってる。

最後に

ダンテ・ライト氏には1才の息子がいるもよう。

一応ライト氏側には、アーマウド・アーベリー、ブレオナ・テイラー、ジョージ・フロイド、ジェイコブ・ブレイクなど一連の黒人事件を弁護する人権派のベン・クランプ弁護士が付いたようだ。

まあティーザーガンと間違えて銃を使ってしまったのは警察側の落ち度だろうけど、ただライト氏には正式に逮捕状が出てて、さらに逮捕されるときに逃げようとしたっていうのはどうなんだろうね。

いずれにしてもまたミネアポリスっていうのが、広大なアメリカの中で、なんでそこピンポイントなのかっていう感じで。運命の悪戯というか。

ではこの辺で失礼します。

【追記】女性警官が辞任

ダンテ・ライト氏を撃った警官キム・ポッター氏が辞任したもよう。

『ジョージ・フロイド裁判』最終弁論が終了、陪審員の評決やいかに?判事はマキシン・ウォーターズに苦言

2021年4月20日

マキシン・ウォーターズ議員がデモを扇動、その後州兵と警官が撃たれる――グリーン議員「議会から追放すべき」

2021年4月19日

『動画あり』オハイオ州でも警官が黒人を射殺―やっぱり今回の新月は不穏だった

2021年4月15日

ミネソタ州・警官に射殺されたダンテ・ライト、強盗未遂で逮捕状が出てた「金をよこさないと撃つ」

2021年4月14日