『エプスタイン事件』マックスウェル裁判7日目:エプスタイン邸の写真公開、検察が突然の急展開?

Ghislaine Maxwell, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons

エプスタイン邸の写真が公開

性犯罪者ジェフリー・エプスタインと共謀した疑いが持たれているギレーヌ・マックスウェル氏の裁判は米現地12月7日に7日目を迎えました。

この日は検察側が驚きの急展開を示しました。以下に順を追って記述します。

前日にエプスタインからマックスウェル氏に多額のお金が送金されていたという初公開の銀行取引明細が証拠として提示され、二人の関係がより深いものだったことと、単なる友人という関係だけでなく金銭的にもつながったものだったということが示されました。

続く7日目はエプスタイン邸の写真が公開されています。興味ある人は以下の記事に写真が多数掲載されています。

3人目の告発女性

この日3人目の告発女性が証言台に立ちました。キャロリンと名乗る女性で、名字は明かされていません。

キャロリン氏は14才のときにエプスタインに性的マッサージをしたと証言しました。

彼女は13才の時に学校を退学しているようです。母親がアルコール依存症で、当時17才のボーイフレンドがいたとのこと。また4才の頃から祖父に性的虐待を受けていたといいます。

経緯は彼女のボーイフレンドがバージニア・ロバーツ・ジュフレ氏を知っていて、2000年代初頭にエプスタインのパームビーチの家に誘われたようです。

キャロリン氏はロバーツ氏から「お金を稼ぎに来ないか」と言われ、そこに行くとマックスウェル氏を紹介されたといいます。彼女は14才であることをマックスウェル氏に伝えていたとのことです。

キャロリン氏は当時アルコールやドラッグにハマっていて、お金が必要でした。エプスタインの家には週に2~3回、トータルで100回以上行ったと述べ、そのたびに300~400ドルの報酬を得ていたとのこと。また友達を連れて行ったこともあると述べました。

キャロリン氏は18才になった頃に妊娠し、「年を取り過ぎた」という理由でエプスタイン邸に行くのをやめたとのことです。

スーパー弁護団に対し、検察側は力不足か

弁護側の反対尋問では、キャロリン氏にお金のこと、薬物のこと、供述の矛盾などについて激しくツッコまれたといいます。

2009年に行われたエプスタインの民事訴訟でキャロリン氏が44万6000ドルを得たこと、また死亡後に設立された犠牲者補償基金から280万ドルを得たことなどをツッコまれました。

キャロリン氏は「私の魂は折れ、心も折れました。打ちのめされました。」と述べたといいます。

最終的に泣きながら「彼女(マックスウェル氏)がしたことは間違っています。弱い立場の少女を選んで人身売買をしたんです。」「あの女がしたことは、お金では解決できません。」

一部の情報では、マックスウェル側のスーパー弁護団の能力の高さに比べ、検察側のパフォーマンス不足が指摘され始めています。さらに、裁判を適性に指揮する役目のアリソン・ネイサン判事の能力にも疑問の声が上がっているようです。

この日も、検察側は適切なタイミングで異議を唱えることが出来なかったと言われています。弁護団は(わざと)匿名告発者の名字を声に出してしまうことが何度かあったといい、告発者の安全性が脅かされたと言います。

突然の早期終了宣言?

この裁判は年明け1月まで長引くと言われていました。

しかし検察側はこの日、この週の木曜か金曜までに裁判を終える可能性があると発表しました。4人の告発者のうち、すでに3人が証言を終えたという理由のようです。

突然どうしちゃったんですかね。

うがった見方をすれば、裁判が長引くとスーパー弁護団に有利になってしまうという、検察側の消極的な見方があるのかもしれません。またはすでに司法取引があったとか、あらかじめ決められたストーリーだったとか、いろいろ想像は広がります。まあ邪推ですけど。

ともかくエプスタインに関係していたと言われているビッグネームは多数いると言われていますし、刑務所での亡くなり方にも疑問が残っており、少しでもこの裁判で事実の解明に近づく事が望まれます。

さらにマックスウェル裁判が始まった日に、エプスタインの検死を担当して自殺と判断したニューヨークの主任医師バーバラ・サンプソン博士が辞任しているのも気になります。

ではまた続報を追いたいと思います。
ではこの辺で失礼します。

『エプスタイン事件』マックスウェル裁判6日目:消えた証拠CD、エプスタインから多額の送金の銀行取引明細

2021年12月7日

『エプスタイン事件』マックスウェル裁判5日目:エプスタイン邸で見つかったマッサージテーブル

2021年12月4日

『エプスタイン事件』マックスウェル裁判4日目:家政夫「トッ○レス女性を何百人も見た」

2021年12月3日

『エプスタイン事件』マックスウェル裁判3日目:告発女性「トランプを紹介された」「アンドルー王子と飛行機に乗った」

2021年12月2日

『エプスタイン事件』マックスウェル裁判2日目:パイロットと告発女性の一人が証言した内容とは?

2021年12月1日

『エプスタイン事件』世紀のギレーヌ・マックスウェル裁判がスタート、問われた6つの罪と2つの偽証罪

2021年11月30日