CNNのジェフ・ザッカーCEOが女性関係で辞任、解雇されたクリス・クオモが告発か?

CNNのジェフ・ザッカーCEOが辞任

民主党のベン・レイ・ルージャン上院議員が脳卒中で手術を受け、米上院は代理投票が認められていないため民主党は過半数を割っています。いろいろ画策しなければならないでしょうね。

さてCNNの総帥、ジェフ・ザッカーCEOが現地2月2日に辞任を発表しました。

ザッカー氏は、CNN幹部の女性との親密な関係を報告しなかったために辞任したと伝えられています。

「COVID中に二人の関係が変化」→ウソ?

CNNは元キャスターのクリス・クオモ氏が、兄の元ニューヨーク州知事アンドリュー・クオモ氏に協力していたことについて調査していた時に、ザッカー氏が会社に交際の事実を公表せず、辞任に至ったとされております。

「この関係が始まったとき、私はそれを公表するよう要求されましたが、公表しませんでした。私は間違っていた。その結果、私は今日辞任します。」とザッカー氏はコメントしました。

この幹部女性は最高マーケティング責任者のアリソン・ゴルスト氏とされています。ゴルスト氏は現在49才で、長年メディア業界に務めてきた広報部門のスペシャリストとのことです。

ちなみにザッカー氏もゴルスト氏も元配偶者と離婚しており、独身同士でした。だとしたらお互い自由なので交際しても問題なさそうに見えますが、ではなぜ辞任しなければならなかったのでしょう?

視聴率低迷の責任という声もありますが、どうもそうではなさそうです。

ゴルスト氏によるとザッカー氏とは「20年以上にわたって長い友人関係であり、COVIDで二人の関係が変化していった」とコメントしています。

しかし、一部報道によるとこれはウソだと言われています。

2人の経歴

ザッカー氏とゴルスト氏は25年間仕事を一緒にしてきたといい、その親密な関係はCNN以前に在籍していたNBC時代にさかのぼるといいます。

ゴルスト氏はもともとコロラド州デンバーの地方ニュースキャスターやレポーターを経て、Appleに転職し、その後NBCニュースで成功しています。

ザッカー氏とはNBCの番組「Today」で一緒になり、ゴルスト氏は広報主任、ザッカー氏はエグゼクティブ・プロデューサーという関係でした。

この番組はヒットし、ザッカー氏は2000年にNBCエンターテインメントの社長に昇進、ゴルスト氏は広報部門で出世街道をばく進することになりました。

しかし2人とも2010年にNBCを退社しています。この間も2人の親しい関係は続いていたといわれています。

ザッカー氏は2013年1月1日にCNNの社長に就任しました。

ザッカー氏によりCNNの幹部に抜擢

ゴルスト氏は2012年末に一時的にメディア業界から離れ、当時のニューヨーク州アンドリュー・クオモ知事の広報ディレクターを務めることになったのです。

この辺、なにやら匂います。

ただそのわずか4ヶ月後に、CNNの社長に就任したばかりのザッカー氏によって、CNNのコミュニケーション担当上級副社長に抜擢されました。

2人の仲は公然の秘密だった

2人の親密関係は業界ではよく知られていたといい、元CNNのアンカーのソルダッド・オブライエン氏は

両者の関係をググってみて、何年も前から続いている2人の関係を詳しく読んでみることをオススメします。彼女のコメントがウソをついているかどうかは、会社のメールで簡単に判断することができると思う。これは公然の秘密であり、私は8年も彼らと一緒に働いていないので。

また元CNN特派員のローランド・マーティン氏は

ジェフ・ザッカーが広報部門の責任者として雇ったアリソン・ゴルストと不倫していたことは、CNNでは公然の秘密でした。
私は2013年に4ヶ月だけ彼らと一緒に働いたけど知っていました。NBCの人たちは一緒に働いていた頃に知っていました。ケイティ・クーリックも彼女の本の中でそうほのめかしています。

同じアパートに住んでいた

ザッカー氏はケイティ・クーリック氏のトークショーをプロデュースし、その番組でゴルスト氏を働かせるようプッシュしていたといいます。

クーリック氏は著書「Going There」の中で次のように書いています。

「なぜジェフがアリソンを引っ張ってくるよう、あれほど強く働きかけていたのか不思議だった。彼女は夫と子供達と一緒に、ジェフとキャリン(元妻)のアパートの上の階に引っ越してきたのです。」

「その時点でキャリンと親しい友達になっていたので、私を本当に不愉快にさせました。」

2人は2021年11月にビリー・ジョエルのコンサートで一緒にいるところを目撃されています。

ザッカー氏は2019年に元妻と離婚しており、ゴルスト氏も元夫と離婚が成立(2017年?)しているようですが、どうやらその前からの関係だった可能性があります。

クリス・クオモ氏の存在

問題はその「公然の秘密」が、なぜこのタイミングで噴出したかということです。

それには、元CNNのキャスターで先ごろ解雇されたクリス・クオモ氏が関わっていると言われています。

クリス・クオモ氏は当時CNNキャスターという立場を利用して、セクハラ疑惑で追及されていた兄のアンドリュー・クオモ元NY州知事を助けようとしてスキャンダル対策に協力していたことで問題になり、無期限停職処分になりました。

その調査のさなか、クリス氏自身にもセクハラ疑惑が浮上し、けっきょくCNNを解雇になったのです。

クリス・クオモ氏にもセクハラ告発者が現れる――CNNの解雇理由はこれだったのか?

2021年12月6日

クリス・クオモ氏はその後、契約金の残金1,800万ドル(推定)が未払いだとしてCNNに支払いを要求していましたが、CNN側は拒否していました。

不倫関係を告発

その交渉において、クリス・クオモ氏側がザッカー氏とゴルスト氏との長年にわたる不倫関係を告発したと報じられています。

クリス・クオモ氏の弁護士は、ザッカー氏、ゴルスト氏、アンドリュー・クオモ氏との間のすべてのコミュニケーションを保存するよう要求する書簡を送ったとのこと。

ここでゴルスト氏がアンドリュー・クオモ知事の広報ディレクターを務めていたことが関係してくるわけですね。

いずれにせよザッカー氏は、かつての飼い犬に手を噛まれることになったようです。

視聴率の激減

CNNはトランプ政権時代に、トランプ氏を叩くことで視聴率を稼いでいました。しかしバイデン政権が成立以降、視聴者数の激減に直面しています。CNNだけでなく左派メディア全体がそうですが、特にCNNは深刻なようです。

ニールセン・リサーチによると、2022年に入ってCNNの視聴率はさらに急降下しているといい、20時-23時のゴールデンタイムは前年比83%マイナスを記録したといいます。特に25~54才の年齢層の獲得に苦しんでいます。

またザッカーCEOは視聴率好転のために3月から新たに「CNN+」というストリーミングサービスを開始する事を発表し、その目玉としてFOXからベテランキャスターのクリス・ウォレス氏を引き抜きました。

しかしこれも結果的にFOXの視聴率が上がることになり、いまのところ逆効果になっています。ウォレス氏には左派色があり反トランプでした。

CNNの後任は

ザッカー氏の後任として暫定的にマイケル・バス氏ほか2名が指名されていますが、バス氏とザッカー氏は親しい友人であり右腕としてツーカーの仲だといわれており、またゴルスト氏も広報担当の上級副社長としてCNNに残るため、たとえ辞任しても依然としてザッカー氏の影響力は残る可能性があります。

ただ実質的なトップは、CNNの親会社であるワーナーメディアとディスカバリー社が合併する計画が完了するまで決まらないといわれています。

またザッカー氏の辞任に伴って、CNN看板キャスターの一人であるブライアン・ステルター氏も一部でやり玉に挙がっていますね。

ステルター氏はまるでザッカー氏の手先のようだったと言われており、ザッカー氏とゴルスト氏の関係を知らなかったはずがないのに報告しなかったことで叩かれています。

左派系企業の代表が続々辞任

偶然なのかどうか、左派系は代表がどんどん辞めていきますね。

ツイッターのジャック・ドーシー氏、マイクロソフトのビル・ゲイツ氏、ABCニュースのジェームズ・ゴールドストン氏、Amazonのジェフ・ベゾス氏、CNBCのマーク・ホフマン氏、ディズニーのボブ・アイガー氏、Huluのランディー・フリアー氏、LinkedInのジェフ・ワイナー氏etc・・・。

なぜでしょうね。