Facebook告発者、出来レースか?――最新世論調査バイデン政権支持率38%、ヒーローを作るのに必死?

言論統制

偶具留と遊中部が気○変動を否定するコンテンツの掲載や広告収益化を禁止したとのことで、ますます言論統制が厳しくなっていますね。以前C○Nのディレクターが内情を暴露していたのですが。

一方、米政府が密かにユーザーの検○データを提供するよう偶に命じたという話もあります。こういう流れは腐り山羊座の事象ですから永久には続かないと思いますが、しばらくは我慢っていう感じですかね。

たしかに最近すごい衝撃リークが出てますが、ここに書くのも憚るものが多い印象です。

Facebookの爆弾リーク、実は出来レースか?

そんな中、先日取り上げたFacebookのリークをしたフランシス・ホーゲン氏ですが、どうも胡散臭さが漂っているようです。その後の報じられ方を見ても、額面通りに受け取っていいのか計りかねます。少なくとも保守系メディアからは嫌疑の目で見られているようです。

というのも、やはりホーゲン氏の財務記録から左派寄付者だったということ、特に急進左派(極左)を支持していたこと、ハンター・バイデンのラップトップPCの情報を検閲した部署にいたこと、その部署でそれなりの地位だったこと、彼女がホワイトハウスのサキ報道官と関係ある会社とつながりがあったこと、その会社にはお場魔の側近が絡んでいたこと、彼女の弁護士が有名な左派事務所の弁護士だと言うこと、その弁護士はトランプの一回目の弾劾裁判を支持した人物だったこと、などなど左派とズブズブな情報が続々と出てきてしまいました。

そんなわけでホーゲン氏には一部で左派の工作員疑惑があり、リークも出来レース感が匂っています。支持率が落ちているバイデン政権ですから、なんとか挽回するため自虐的なヒーローを作りたかったんでしょうか。

今後の追求を待ちたいと思います。

【爆弾リーク】Facebook元スタッフ『Facebookを信用するな』『人より利益を優先している』――米上院で証言

2021年10月6日

世論調査:バイデン支持率38%に

そのバイデン政権ですが、クイニピアック大学がおこなった最新の世論調査で、支持率がとうとう40%を切って38%という残念な結果となったようです。

これによると総合では38%ですが、内訳として

・移民政策:25%
・経済政策:39%
・コロナ政策:48%
・税制:37%
・最高司令官として:37%

などとなっています。

そういえばイーロン・マスク氏がテスラの本社をカリフォルニア→テキサス州オースティンに移転すると株主総会で正式発表しました。マスク氏自身も昨年ロサンゼルスからオースティンに引っ越してますから、ますます民主党への不信感が出ているかもしれません。

本人は政治とは離れたいと言っていますが。

左派メディアの深刻な落ち込み

そのバイデン政権を応援してきた左派メディアの落ち込みも悲惨です。

10月6日付のケーブルTVニュースの時間別視聴者数ですが、FOXニュースの一人勝ちです。

左派の代表の一角であるCNNは、プライムタイム(日本でいうゴールデンタイム)の視聴率が、FOXの3分の1以下にまでなってしまいました。

トランプ政権を叩いていた頃は我が世の華だったんですけど。いまでは華が鼻になっちゃいましたかね。

FOXニュースは特にタッカー・カールソン氏の冠番組が好調のようで、その番組は一時バイデン政権から疎まれ、打ち切りにするためNSA(国家安全保障局)からスパイされていると主張していました。(NSA側は否定)

『爆弾発言』FOXのタッカー・カールソン「バイデン政権が我々をスパイしている」――番組を終わらせるために

2021年6月29日

しかし結果を見ると、視聴者はカールソン氏の番組を支持しているっぽいですね。この手の数字は嘘をつかないかと。それにしても左派メディアの落ち込みが相変わらずひどい印象です。

ちなみにですが、日本の報道は今だにCNNなどからのものが多い印象です。情報は各々が自分の受信アンテナを磨いて吟味しないと、ろくなことにならないです。

ではこの辺で失礼します。