左派の世論調査が大爆死!「AOCとイーロン・マスクのどちらを信じるか」→AOC18.8%、マスク81.2%

億万長者より政治家の方が信用できない

先ごろイーロン・マスク氏がツイッターで「政治家と億万長者のどちらが信用できないか?」という世論調査を実施したところ、約340万人が回答しました。

【誰が信用できないか?】
政治家→75.7%
億万長者→24.3%

圧倒的な差がついてます。

その後マスク氏は、”AOC”ことアレクサンドリア・オカシオ・コルテス議員に、「自分のフォロワーに対して同じ世論調査をしてみてくれ」と提案しています。

AOCは急進左派いわゆる極左で知られる民主党議員です。誰にでも噛みつきます笑。

この話の経緯

なぜマスク氏は名指しでAOCに絡んだのか――この流れには伏線がありました。

というのもAOCは先ごろ、マスク氏がツイッター社を買収する件に関して「うんざりしている」と噛みついていたからです。

ちなみにAOCは左派志向の若い世代に人気ですが、いわゆる「声が大きい(=主張が激しくてうるさい)」議員として知られています。プエルトリコ系でありニューヨークが地元というのもそんな感じです。

ただ文句は言うくせに法案などは出さない、つまり政治家としての本来の生産性は低いといわれてますがどうなんでしょう。

エゴの塊のような億万長者が、巨大なコミュニケーション・プラットフォームを一方的に支配し、それを歪めているために爆発的な憎悪犯罪が起こっているのだということをまとめて考えなければならないことにうんざりしている。-AOC

叩くのはやめて。俺って気が弱いから。-イーロン・マスク

このやり取りのあと、AOCは自分が所有するテスラ車を「処分したい」と言い出し始めました。AOCは地元ニューヨークとワシントンDCの移動のためにテスラ・モデル3を購入しているといい、その理由は、1回もしくは1回半の充電で行ける唯一のEVだったからだと語りました。

AOCは労働組合のあるメーカーのEVに乗り換えたいといってます。まあ好きにすればいいと思いますが。

イーロン・マスクとAOCどちらを信じるか?

そんなことがあり、冒頭のツイートにつながります。

AOCはマスク氏の提案を実践しませんでしたが、民主党支持の退役軍人デヴィッド・ワイズマン氏がこの世論調査を実施しました。ワイズマン氏は元トランプ支持者でしたが、ある時から民主党エリザベス・ウォーレン議員支持に鞍替えっています。

この世論調査に約37万5千人が投票しましたが、こちらも圧倒的な差がついています。

【イーロン・マスクとAOCどちらを信じるか?】
マスク→81.2%
AOC→18.8%

右派の馬鹿げた世論調査がいかにインチキか、自分が証明してみよう。イーロン・マスクとAOCどちらを信じるか?

この世論調査がどうやってひっくり返ったのか分からないが、削除はしない。そして私はLをとる。(※L=Left?)

強がりなのか負け惜しみなのかわかりませんが、いずれにしても大爆死なのは明白でした。

っていうか、この人は本気でAOCがマスク氏に勝てると思っていたんですかね。マスク氏のフォロワー数って、AOCの7倍以上いますけど。

極左議員

蛇足ですが、トランプ氏が「極左の女性議員」としていたのはAOCの他に、イルハン・オマル議員(ソマリア系)、アヤナ・プレスリー議員(アフリカ系アメリカ)、ラシダ・タリーブ議員(パレスチナ系)などがいます。興味あれば名前くらいは覚えておいてもいいかもしれません。

AOCといえば、現在進行中のジョン・ダーラム特別検察官のロシアゲート調査におけるマイケル・サスマン被告の裁判で、陪審員にAOCの寄付者が紛れ込んでいます。この陪審員はヒラリー・クリントンにも寄付していることが分かっています。

こんな人物が陪審員に選ばれるのを認証したのは、バラク・オバマ氏が任命した連邦裁判官クリストファー・クーパー氏です。なぜダーラム特別検察官がこの裁判をクーパー裁判官でOKしたのかわかりません。

なので、この裁判は茶番に終わる匂いがしてます。
なぜなら陪審員の評決は全員一致でなければならないからです。

最後はちょっと関係ない話になっちゃいました。