がぜん統一教会が注目を浴びる、世界でも大々的に報道――時代が呼び起こした問題

Farragutful, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons

宗教団体問題は時代が呼び起こした

安倍元首相の暗殺により、思わぬ形で宗教団体が脚光を浴びることになりました。

新聞・TVなどの大手メディアは、銃撃した山上徹也氏が恨んでいたという宗教団体名についてかたくなに報じませんでしたが、当の統一教会(現:世界平和統一家庭連合)が記者会見を行ったことにより、さすがに報じざるを得なかったようです。

なぜメディアが団体名を報じなかったのかは分かりませんが。

ただこれは山羊座時代が終わりに近づいている中で、時代が問題提起したことだと思っており、おそらく隠そうとしても隠しきれなかったでしょう。人間社会などしょせん天体の流れには逆らえませんので。

海外でも大々的に報道

なので、宗教団体に関する問題は今後広がっていくことが予想されます。すでに海外でも大々的に報じられています。

これらの記事の中には「mother’s bankruptcy(母親の破産)」「huge donation(巨額の寄付)」などの文字が見られます。

波が起こっている

ツイッターのトレンドでも「統一教会」に関する投稿が70万件を超えており、ひとつの波になっています。

これは大陽が蟹座にいる中で起こったことです。蟹座は宗教という意味があります。

権力側がこれを隠蔽して抑えられるのか、今後に注目かと思います。