【衝撃】子供用の棺桶の受注が増えている?――ウルグアイは13才以下のコロナワクチン接種を中止

ウルグアイが13才以下のワクチン接種を中止

コロナの第7波が来ていると言われています。天体的にも暗示あります。今夏は注意です。

そんな中で、ウルグアイの司法当局が13才以下の子供へのコロナワクチン接種を中止しました。

これは裁判所の決定を受けてのものです。

ようやく出てきましたねこういう事例が。時代の流れです。

ファイザーに文書提出を要求

ウルグアイの裁判所は現地7月9日、コロナワクチンの特徴である「mRNA(メッセンジャーRNA)」の無害性を証明するよう、製薬会社に命令しました。

アレハンドロ・レカリー判事は、ワクチンの成分、その利点、それに伴うリスク、すでに分かっている副作用を完全に報告すること、これらの文書を提出するようファイザーに求めています。

またコロナによる死亡者が前年に比べて増加していることを研究したのか説明しろ、と求めました。

さらに、ワクチン以外の代替療法を検討したかどうか、その理由またはそうでない理由を報告し、もし検討されたならその研究結果を提出するよう要求しました。

こういうのが国民を守る国の機関の本来のあり方ですよね。

日本の厚労省はいかがでしょうか。知らんけど。

棺桶メーカー「子供用棺桶を大量受注した」

これに関して、ちょっと気になる話が出ています。

棺桶の製造に携わっている人が、子供用の棺桶の大量の受注があったと告白しているのです。

あるツイッターユーザーが、「ワクチン接種後に死亡した子供が増加していることについて葬儀屋と話した」という投稿に、カナダのツイッターユーザーがリプしています。

私の家業は北米で棺桶を製造しています。私たちはこの6ヶ月で5フィート以下のもの(子供サイズ)の大量注文を2回受けました。

30年以上ビジネスをやっていて、子供サイズの棺桶が大量に売れたことは一度もなかった。

ちなみにこのユーザーはコストコに家具や棺桶を納入している業者だという。前月も以下の投稿をしています。

私の発言に注目してくれている人に参考まで。家業はまた子供向けサイズの棺桶を大量に受注した。ここ約50年で2回目の大量注文だ。どちらもこの7ヶ月の間に注文されたものです。

ワクチンが子供を○している。そうでなければ、何がそうしている?

子供用棺桶の売上が400%増加

この情報の真偽について、サブスタックでブログを書いているエタナ・ヘクト氏が直接コンタクトを取り、当人に話を確認したようです。

北米最大級の棺桶製造を経営するファミリーに話を聞いた。彼らは全米の巨大チェーン店に棺桶を供給し、高級棺桶なども製造している。

こんなことを報告しなければならないのは恐ろしいが、経営者によると、一般的な棺桶の売上が20%増え、2021年12月以降は小型サイズ(5フィート以下の子供用)の棺桶の売上が400%増加したとのことだ。

彼だけが話しているのではなく、葬儀業界の人たちはビジネスの質が急激に変化しているのを理解しています。

厚生労働省はすでに5~11才の子供のワクチン接種を始めていますが。

運気チェック

念のため情報として取り上げさせてもらいました。

個人的にはワクチン接種する前に今後の運気にダメージがありそうかどうか、ホロスコープなどチェックしたいですけどね。

お子さんの運気は気をつけてもらいたいです。