ごぼうの党・奥野代表がメイウェザーに贈る花束を投げ捨てで炎上――奥野卓志とは何者?

ごぼうの党, Public domain, ウィキメディア・コモンズ経由で

ごぼうの党・奥野卓志が炎上

ごぼうの党代表・奥野卓志氏が炎上しております。

9月25日にさいたまスーパーアリーナで行われた格闘技イベント『超RIZIN』で、メインイベントのボクシング元世界5階級制覇のフロイド・メイウェザー・ジュニア選手と朝倉未来選手のエキジビションマッチにおいて、試合前のセレモニーで奥野氏がメイウェザーに贈るはずの花束を投げ捨て、せっかくの舞台に水を差しました。

このイベントは北米、欧州、アフリカ、南米、オセアニア、アジアなど世界中に向けて配信されていたという。

ネットでは奥野氏に対して「日本の恥」「失礼すぎる」「売名テロ」などの声が上がり炎上しました。

さらに奥野氏を支持していた著名人にも非難の矛先が向かうという事態に発展しています。

チケットのオークション入札で最高額

試合後にイベントの運営会社ドリームファクトリーワールドワイドの榊原信行CEOは「品性下劣な男をこの場に挙げたことをお詫びします。本当に悔しいです。残念なことに世界中の人が見ている中で日本の恥をさらすことになりました。今後こういうことがないようにします。許してください」とリング上で謝罪をしました。

さらにメイウェザー側に謝罪した際は、「起きたことだし気にするな」と答えが返ってきたという。また何事もなかったかのように花束を拾い上げるメイウェザーには称賛の声も上がっています。

なぜ花束贈呈にごぼうの党の奥野氏が選ばれたのか?――これにはチケットのオークション入札というシステムが背景にあったようです。

それによるとアリーナの最前列を最高額で落札した人物には、花束を贈呈できる特典が与えられたという。それを奥野氏が最高額の420万円で落札したんだとか。

突如出現した「ごぼうの党」

ごぼうの党は今年行われた参議院議員選挙前に突然現れた政党で、山下智久、宮迫博之、GACKT、山田孝之、三浦翔平、ONE OK ROCKのTaka、YouTuberのヒカルらが支持を表明したことで話題になりました。

また街頭演説のゲストでボブ・サップ、ピーター・アーツ、実業家の春木開、格闘家の久保優太、歌手のサラ、仮面女子などが駆けつけたという。

参議院選の比例区で11名の候補者を擁立したものの、全員落選しています。

ちなみに朝倉未来選手はごぼうの党のアドバイザーになっているため、メイウェザーは敵だったというわけですね。

奥野卓志とは何者?

代表の奥野卓志は実業家で、東洋ライフサービス株式会社という美容関連の会社の代表を務めており、保湿ジェル、バスソルト、のど飴、スキンケアなどの製品を販売しているようです。

また銀座の会員制サロン「銀座一徳」のオーナーや、合計10社以上の会社を経営しているとのことですが、詳しいことはあまりわかっていないもよう。まあチケットに420万円をポンと払える人ですからそれなりだとは思いますが。

反ワク主義者でもあり、銀座一徳ではワクチンを接種した人の入店を断っており、さらに会員資格も剥奪していたと言われています。これが事実ならけっこうピーキーな人かもしれないですね。だからあのような事ができたのか。

奥野氏は以前に動画で、高知県出身の一族で曾祖父が“土佐の交通王”と呼ばれた実業家であり、吉田茂元首相のフィクサーだった、と語っていたという。

いずれにしてもまだ正体がよくわからない人という感じで、あとは週刊誌あたりに探ってもらうことを期待するしかないですかね。

一応出回っている生年月日が正しければ、確かにホロスコープ的には攻撃的になっていますが、ただこれでせっかくごぼうの党に付いた支持者を失う可能性もあるので、極端な行動は控えた方が良かったかなという気もしますが。

以前書いたように、山羊座が終わりに向かっており次の時代は少数政党が注目される時代になっていくと思われます。また大規模政党からの分裂なども出てくるかもしれませんが。その点でごぼうの党はちょっとスタートで躓きましたかね。