元農水省事務次官の熊沢英昭氏に懲役6年の実刑判決――長男30ヶ所以上刺殺の尋常じゃないホロスコープ

執行猶予なし実刑判決

元農水省事務次官の熊沢英昭氏が、長男の英一郎氏を刺殺した事件の判決公判が12月16日に東京地裁で行われ、懲役6年の実刑判決を言い渡した。

この事件は農水省の元事務次官が行ったことで社会に波紋を呼んだ。英一郎氏はほぼ無職で、ドラクエ10の有名プレイヤーだったことがわかっている。

この事件の4日前、神奈川県川崎市の登戸駅近くで、スクールバスを待っていた小学生らが通り魔に襲われるという事件があり、同じような無職の引き篭もりの犯行だったため事件の類似性が話題になっていた。

家庭内暴力に悩み?

この事件は2019年6月1日に、東京都練馬区の熊沢氏の自宅で起こっている。

それまで別な場所で一人暮らしをしていた長男・英一郎氏が、5月26日に実家に戻って両親と同居を始めたところ、家庭内暴力が始まったという。

事件当日の午前、隣接する小学校で運動会が行われており、その音がうるさいことで父・英昭氏と口論に発展したとのこと。その日の15:15頃に英一郎氏は英昭氏に刺殺された。

長男には30ヶ所以上の刺し傷

英一郎氏の身体には30ヶ所以上の傷があったといい、検察は英昭氏の強い殺意を主張していた。

被告は、長男のすきをねらって一方的な攻撃を加えているうえ、傷は少なくとも30か所以上あり首や胸に集中していることから、強い殺意を持っていた。長男は、ツイッターの中で「家族がいるだけで安心だ」などと家族観について述べていたほか、被告のことをとくに尊敬していた。尊敬し、信頼していた父親から殺害された長男の無念は、察するにあまりある

【出典元】検察「悲しい事件だが許されない」元農水次官に懲役8年求刑/NHK NEWS WEB

また事件前に、英昭氏はネットで「殺人」「執行猶予」などを検索していたとも。検索履歴まで頭が回らなかったか。

被告は、「事件当日までの間、殺害については考えていなかった」と供述していたが、インターネットで「殺人」や「執行猶予」などと検索をしていたことなどを踏まえると、被告が、長男の殺害を選択肢の1つにしながら過ごしていたことは明らかだ。

【出典元】同上

情状酌量

対して弁護側は、英一郎氏の家庭内暴力などで、やむを得ず殺害に至ったとして同情の余地が大きいと主張していたという。

長男を発達障害と診断し、長男の生活状況について被告から話を聞いていた精神科医が弁護側の証人として出廷し、被告が長男の家庭内暴力だけでなく、妻のうつ病など複数の深刻な問題に対応していたと説明しました。

また、妻の証言によりますと、長女は、長男が原因で結婚が破談になり、その後、自殺したということです。

【出典元】同上

妹が兄のせいで縁談が破談し、そのため自殺したと主張しているのだけど、実際どうだったかは当人・家族達にしかわからないよなあ。

そういうのも含めてホロスコープ見てみたい気がするんだが。

母への憎悪

英一郎氏の生前のツイートによると、母親に対して憎悪の感情を持っていたのがわかる。

これも母親のホロスコープがわからないのでなんとも言えない。

ちなみに英一郎氏のホロスコープを単独で見ると、確かに母との関係が一見希薄に見えるけど、生まれ時間が不明なので断言はできないな。

ちなみに四柱推命

先天命
【年】乙 卯
【月】己 卯
【日】乙 丑
【時】? ?

大運
04才~ 戊寅
14才~ 丁丑
24才~ 丙子
34才~ 乙亥 -己亥年

三柱には母親は存在してない。
もしかしたら時柱にあるかもしれないが、だとすると母縁はかなり悪くなる。
までも大運で縁の悪さ出ちゃってるけどね。

この命は全体的に湿っぽいので火が欲しいけど、第三運に丙火きた代わりに水運になってしまって、いかにも巡りが悪い。

父・英昭氏のホロスコープ

殺害した父親の熊沢英昭氏は、2001年に農水省の事務次官に就任した。しかし直後にBSE問題が起こり、その対応がまずかったために翌年退官している。

というか私は個人的に英一郎氏のホロスコープより、こちらの父親の方が気になるのだが。どう見ても。

一連の報道を見ていると、どうも父親擁護に寄っている気がするが、それもどうなんだろって思ってて。まあ長男側の証言をする人がいないってのもあるけど。

熊沢英昭氏

いずれにしてもこの図で、社会的には農水省事務次官まで上りつめ、人生の成功者だったとすれば、どう見ても他の部分で何らか大きな問題が出なければならない気がする。まあBSE問題の時がそうだったのかもしれないが。

だとしても、さらにプライベートにも問題出てもおかしくない図だ。この生まれ、10天体だけじゃなく他の要素もいろいろ見たりしてるが、衝動性や犠牲や暴力っていうのがどうしても出てきてしまう。

妹の自殺も、この図見るとどうなの?って気がしないでもない。

父・長男の相性の問題

それに以前の記事で書いたけど、この 父親のホロスコープと長男英一郎氏のホロスコープとの相性がまんまとカオス状態。あきらかにどちらかが犠牲にし、犠牲にされる。もっともこのケースは、どっちもどっちかもしれないが。
もしかしたら前世からの因縁でもあったのかもしれない。

首などを30ヶ所以上刺した?――それもホロスコープに出てるでしょ。
この二人の関係だったらそれも仕方ない。明らかに度を超えてしまうもの。

父・母・長男三者の関係性を検証してみたいけどね。それと妹も。

(こちらもどうぞ)

元農水省事務次官が殺害した長男は引き篭もりネトゲプレーヤーだった――熊澤英一郎のホロスコープ