安倍首相に健康不安報道も、菅官房長官は否定――ホロスコープは?

安倍首相に健康不安説

安倍首相に健康不安説が出ているみたいで、8月4日発売の週刊誌FLASHによると、いま永田町では7月6日に安倍首相が首相執務室で吐血した、という情報が駆け巡っているという。

曰く、同日の首相動静では午前中に小池百合子都知事と意見交換をした後、5時間ほど空白の時間があるという。月曜日の日中に5時間も首相の動静がわからないのは異例とのこと。

この報道に対して菅官房長官は4日の会見で「全く問題ない」と否定している。

国民の思いはスルー?

FLASHの記事だけなら噂レベルの域を出ないが、ここのところ国内で新型コロナウイルスの感染が急激に増大している中で、安倍首相の存在があまり見えてこないと思うのは私だけではないだろう。

さらに6月17日を最後に国会が招集されていないのも気にかかる。コロナの緊急対策はもちろんだが、その他にも河井議員夫妻の公選法違反事件、Go Toトラベル、九州の豪雨災害など問題も数多くある中で、7月31日に野党が臨時国会の召集を求めたのに対し、依然として動きがない。

なにか国民の思いや不安がスルーされているような感じを受けてしまうのだが。

安倍首相

安倍晋三氏

前に書いたと思うんだけど、5月に土星が逆行し始めて7月初めに水瓶座から山羊座に戻っており、これが安倍首相のホロスコープにとってはありがたくない。

もちろん運気にも影響するだろうが健康にも注意した方がいいかもしれない。

というよりまた評判を落としかねない暗示もあるのだが、このままあまり表に出ずにいると、どんどんそうなっていく気がしてしまうがどうなんだろ。

安倍首相の潰瘍性大腸炎に疑惑?「再発していなかった」との怪情報

2020年9月1日