【日本のエース】女子ソフトボール上野由岐子選手、実力の裏に隠された生き方

やっぱ日本のエース上野由岐子

女子ソフトボールの上野由岐子選手ってかなりハードなホロスコープ状態ですけど、あれだけの事が出来る理由は彼女の生き方の選択でしょうね。

個人的に彼女に対しては畏敬のようなものを感じていて、人並み外れた結果がもたらされるのは今のような生き方をされているからだと思いました。

新たなスターピッチャー候補の後藤選手が、食べるのが遅くていつも最後まで食堂に残って食べているのを、大先輩の上野選手が最後まで付き合ってくれるという話を聞いて、彼女のホロスコープならではのエピソードだなと思いました。

ぶつかり合ったウェネルギーをむしろいい方向に活かす

たしかに上野選手のホロスコープはハードがありますが、この場合は活かしようによってはむしろいい方向に使えるものだと思います。こういうのは有能な人に欠かせない要素でしょう。

今後どうされるかはわかりませんが、競技を終えたとしても今の姿勢をそのまま貫いて欲しいと思います。

生き方の問題

一方でなぜか気になったサニブラウン選手は、どうなの?っていうホロスコープ状況だったですがこちらは厳しい結果でした。

調べてみれば2019年以降あまり目立った実績を出されていなかったみたいですが(知らないだけかもしれません)、まあそうなるのが普通の人間だろうなと思っちゃいましたね。

だからまあ、上野選手には感服する以外にないです。こういう人は、ごく少数ですがたまにいますし、大成功者が多いです。
何を持って成功というのかは尺度によりますが。

いずれにしても、要は生き方の問題かと。

ではこの辺で失礼します。