【止まらない】バイデン支持率44%に下落、左派メディア世論調査――民主党大統領としては戦後初の不名誉記録も

左派メディアの世論調査でも

ワシントンポストとABCニュースが行った最近の世論調査で、バイデン大統領の支持率が44%にまで下がったことがわかりました。

不支持は51%です。

ちなみにワシントンポストとABCニュースは両方とも左派メディアとして知られています。

撤退処理に問題か

ただしアフガニスタンの米軍撤退自体に関しては77%の支持があるので、つまり撤退処理のやり方が支持されなかったということのようです。これについて60%の人が不支持と答えています。

まあ9兆円もの武器や装備がみすみすタリバンの手に渡っていますし、多数の犠牲者が出てしまったわけですから。

逆にバイデン大統領の対応を評価しているのはわずか26%にとどまっています。

アフガニスタン難民の受け入れに関しては、68%の人が支持すると答え、反対は27%となっています。

戦後、民主党大統領として初

ハリー・トルーマン政権(1945年4月~1949年1月)以降の世論調査では、就任後7ヶ月の時点で支持率が下がった大統領は2人しかおらず、ジェラルド・フォード氏とドナルド・トランプ氏だけとのことです。

両方とも共和党なので、民主党の大統領としては戦後初ということになるようです。

ではこの辺で失礼します。