カナダで大規模なトラック抗議集会、ゴールは国会議事堂前――トルドー首相はこのタイミングで自己隔離に

Freedom Convoy 2022

カナダでギネス世界記録レベルのトラック集団が形成されています。ツイッターなどではこの話題で盛り上がっています。

『Freedom Convoy 2022(フリーダム・コンボイ)』と称されるこのトラック集会は、カナダ政府が導入したワクチン義務やワクチンパスポートに対する抗議活動です。

とはいえワクチン拒否集会かというと、そうでもないかもしれません。というのも、カナダのトラック運転手の8~9割はワクチンを接種しているといわれているからです。要するに義務化という「やり過ぎ」に対する抗議のようです。

だから1月は大きな事が起こると・・・

西海岸→東海岸、最後は国会議事堂前で集会

コンボイは現地1月23日にカナダ西海岸のブリティッシュコロンビア州からスタートして、北米大陸を西から東に横断、29日に東海岸の首都オタワに到着し、国会議事堂前で集会が行われる予定とのこと。

道中、途中参加組が続々と集結しており、その数は増える一方です。別のルートでオタワを目指すグループもあります。

フリーダム・コンボイの広報担当ベンジャミン・ディヒター氏によると、車列の長さは70kmに及ぶと言っています。これまでのギネスブックの世界記録では、2020年にエジプトのカイロで記録された5マイル(約8km)が最長だとのこと。

24日にはサスカチュワン州レジーナを通過しましたが、レジーナ警察によると約1,200台の車両が集まったと言っています。28日にはケベック州を通過しています。

イーロン・マスク氏は28日に「カナダのトラック運転手らは支配している」とツイート。

トルドー首相「小さな、反主流派のマイノリティ」

カナダは米国と地続きのため陸路による物流が頻繁ですが、1月15日より入国するトラック運転手に対して、ワクチン接種の義務づけを施行しました。もし接種していない場合、入国前に2週間の検疫と、到着前のウィルス検査をしなければなりません。

さらに米国側も、22日から同じ条件を課しているといいます。

今回のフリーダム・コンボイに対して、カナダのジャスティン・トルドー首相は記者会見で「小さな、反主流派のマイノリティ」と呼び、「受け入れがたい意見を持っている」として、カナダの権利・自由・価値を損なっていると述べました。

どっちが自由を損なっているのか、よく分かりませんが。

にしても「小さな反主流派のマイノリティ」ですか。
・・・どこが?小さくもマイノリティにも見えませんが↓

クラウドファンディングで7億円

ちなみにFreedom Convoy 2022はクラウドファンディング「GoFundMe」で寄付を募集しており、これを書いている現在で770万カナダドル(約7億円)が集まっています。

主催者のコメントによると、寄付金はトラック運転手達の旅費を援助するために分配されるとしています。まず燃料費、そして食費、シェルターへの寄付に使われると説明されています。

またこの集会を過激なものにしないよう、注意を呼びかけています。

・いかなる場合も政府の建物や敷地に入らない
・すべての警官に敬意を持って接すること
・落ち着いて冷静に行動すること

しかし週初めに、このクラウドファンディングは凍結されました。理由は「お金の行き先を確認する必要があったため」と報じられましたが、一部で疑いの声が上がっていました。

27日になって寄付の一部の100万ドルが主催者に送られたと発表され、無事に使うことができるようになったようです。

トルドー首相が自己隔離に

ただこのタイミングでトルドー首相はコロナ感染し、自己隔離に入ってしまいました。

トルドー首相は27日にツイートで

昨晩、自分自身がCOVID-19に感染していることを知りました。私のスピード検査の結果は陰性でした。
私はオタワヘルスのルールに従い、5日間隔離になります。体調は良好なので、自宅で仕事します。みなさん、安全にしてください。そしてワクチンの接種をお願いします。

国の一大事かというときに、なかなか絶妙なタイミングです。

偶然なのか・・・偶然でしょうね。
まさか逃げ・・・じゃないですよね。

世界各地でも呼びかけ

28日金曜の夜の時点で、すでにオタワの国会議事堂前にはトラック集団の一部が到着しているもよう。オタワ警察は援軍を要請したとのことですが、今のところ衝突はないようです。

さらに世界各地でフリーダム・コンボイが呼びかけられています。

ヨーロッパ、オーストラリア、フィンランド、オランダ、チェコ、ベルギー、米国、フランスなど。今はさすがに告知はテレグラムですね、ビッグテックのSNSだと検閲があるからでしょうが。

抗議活動

トルドー首相は1971年生まれですね。お察しします。

いずれにしてもここのところの天体では、こうした抗議活動は必然という感じですが。これ以外にも、週末は世界各地で抗議デモなどが行われるのではないかという気がします。

一説によるとカナダのコンボイは長期戦も辞さない構えだといいますが、さてどうなりますか。