コロナ死亡者のうち、ワクチン接種者が過半数を占めることが判明――あのワシントンポストでさえ報道

コロナ死亡者の過半数がワクチン接種済み

サムライブルー、まさかのアップセットおみそれいたしました。これからも期待したい。

さて、なんと左派メディアのワシントンポストが、コロナで死亡した人のうち、ワクチン接種者が過半数を占めていることを報じました。やはりフェーズが変わってきてます。

ワシントンポストは米現地11月23日、「コロナウイルスで死亡したアメリカ人の過半数が、少なくともワクチンの一次接種を受けていた」と伝えています。

それによると、2022年8月にコロナウイルスで死亡したうち58%は、ワクチン接種または追加接種された人だったという。

徐々に上がっている

FDA(米食品医薬品局)が示したワクチンの有効性は、ファイザーが91%、モデルナが93%でしたが、この数字の信頼性が崩れましたね。

最新のデータによると、2021年9月の時点ではコロナ死亡者のうちワクチン接種者は23%だったのに対し、2022年1~2月には42%に上がっているという。そして夏にはとうとう過半数を超えたということです。

一方イギリスではもっと衝撃的な数字が出ています。

コロナ死亡者のうち

・94.2%がワクチン接種済み
・85.4%が追加接種済み
・5.8%がワクチン未接種

※イギリス国家統計局のデータ(2022年4月1日~5月31日)

これじゃあ、何のためのワクチンなのかわかりません。

ファウチ博士「圧倒的にワクチンは有効だ」

しかしこの期に及んでもアンソニー・ファウチ博士は「印象的なデータを見れば、圧倒的にワクチンの有効性を示している」などと言っています。

今年末でNIAID(米国立アレルギー感染病研究所)所長やすべての政府の役職を退職するファウチ博士が、最後になるホワイトハウス訪問で述べました。

ファウチ博士、お辞めになっても共和党から追求されることになると思うので、ぜひお気を付け下さい。