Twitter、元FBIやCIAの捜査官を多数雇用していた

ツイッター、元FBIやCIAの捜査官を雇用

現在ツイッター社内に、元FBIやCIAの捜査官が14人以上も働いていることがわかったという。

これはツイッターの@NameRedacted247というアカウント主が、LinkedInを掘り起こしてわかったようです。

「イーロン・マスクさん、あなたの新しい会社Twitterには、元FBI/CIA捜査官が多数在籍しています。少しは掃除した方がいいのでは?」

ツイッターにいる元FBI/CIA職員

【元FBI/CIAのTwitter職員】

  • ケビン・ミケレナ(現Twitterのシニア・コーポレート・セキュリティ・アナリスト。元FBIインテリジェンス・アナリスト 12年)
  • ダグ・ハント(現Twitterシニアディレクター。元FBI特別捜査官 20年)
  • マーク・ジャロシェフスキー(現Twitterのコーポレート・セキュリティ/リスク担当ディレクター。元FBI 20年)
  • ダグラス・ターナー(現Twitterシニア・マネージャー、コーポレート&エグゼクティブ・セキュリティ・サービス。元FBI 14年。元シークレットサービス 7年)
  • パトリック・G(現Twitter社企業セキュリティ責任者。元FBI特別捜査官 23年)
  • カレン・ウォルシュ(現Twitterディレクター、コーポレート・レジリエンス。元FBI特別捜査官 21年)
  • ラッセル・ハンドーフ(現Twitterのシニアスタッフ・テクニカルプログラムマネージャー。元FBI 10年)
  • マイケル・B(現Twitterシニアコーポレートセキュリティマネージャー。元FBI 23年)
  • ヴィンセント・ルセロ(現Twitterシニアセキュリティマネージャー。元FBI特別捜査官 22年)
  • ケビン・L(現Twitterコーポレートセキュリティマネージャー。元FBI特別捜査官 25年)
  • マシュー・W(現Twitter製品信頼性、収益政策、カウンセリングシステム&アナリティクス担当シニアディレクタ。元FBI 15年)
  • クレア・O(現Twitterのシニア・コーポレート・セキュリティ・アナリスト。元FBI 8年)
  • ブルース・A(現Twitter企業セキュリティ担当取締役。元FBI 23年)
  • ジェフ・カールトン(現Twitterシニアマネージャー。元FBI・CIA諜報部員 3年)

この中にはすでにLinkedInから削除されているアカウントもあるようです。

これらのツイッター社員に共通することは・・・トランプ氏が大統領に選出されてから採用されたという。

NATOや軍からも

これ以前にも話題になっていましたね。

FBIの他にも、NATOからグレッグ・アンダーセン氏を直接雇用し、サイバー犯罪対策に当たらせたという。

また2019年には、欧州・中東・アフリカ地域全体の編集責任者であるイギリス陸軍第77旅団のゴードン・マクミラン将校を雇用していますが、メディアはスルーしていました。第77旅団は、オンライン戦争と心理作戦を専門とする部隊だそう。

Facebook、TikTokも

こうした人材を採用することは、ツイッター社の中立性を損なうことになります。FBIやCIAなどの諜報機関は、オンラインの偽情報やプロパガンダを研究する専門家です。

SNSでの会話に影響を与え、メッセージや情報を宣伝したり、何を抑制、降格、削除するかについて、かなりの影響力を持つ者がいるということになるからです。

同じようなことをFacebookやTikTokもやっています。TikTokなどは大西洋理事会、NATO、CIA、国務省のOBで組織を埋め尽くしていることが明らかになっています。

TikTokは単純な若者向けの楽しいショート動画アプリの表面を持ちながら、その裏では個人情報の収集も含め、さまざまな戦略がうごめいている可能性があります。

なので保守の州はいまTikTokを禁止にするよう多くの州知事が動いています。

※山羊座時代から水瓶座時代へと変わる過渡期です。今後、世の中の流れが変わっていきます。 そんな中で自分のホロスコープはどうなのか、鑑定・ご相談など受け賜っております。
詳しくは→こちら