トランプ氏の新SNSアプリ「Truth Social」iOS正式版が米国でリリース、すでにサインアップが殺到か

Truth Social正式版がリリース

ドナルド・トランプ氏が会長を務めるTMTG(Trump Media&Technology Group)が開発した新SNSアプリ「Truth Social」のiOS版が2月21日の米国のプレジデント・デーにリリースされました。

先行予約した人は自動的にダウンロードされるようになっているもよう。

今のところ日本からはアクセスできないようです。もしかしたらまだ米国限定かもしれないので、VPNでアメリカのサーバーを使えば可能かもしれませんがわかりません。

Android版はまだのようです。少しリリースが遅れるといわれています。中に紛らわしいのがありますのでご注意を。

サーバーが混雑か

しかしリリース後、サインアップしようとするとエラーメッセージが出るとの報告もあります。成功した人もいるみたいですから、もしかしたらリクエストが殺到しているのかもしれません。Webページもエラーが出ているみたいです。

公開3時間で85,000人のサインアップリクエストがあったようですね。

すでにトランプ氏のアカウントは開設済み

トランプ氏のアカウントと思われるものも開設されています。

ツイッター社の元CEOジャック・ドーシー氏のアカウントらしきものがあるとのことですが、なりすましかどうかは不明です。

オープンなSNSを目指して

トランプ氏はツイッター、Facebook、Youtubeなどビッグテック企業が運営するSNSからアカウントを永久停止されていました。一部のトランプ支持者なども同じように排除されています。

そのためトランプ氏は独自のSNSを開発するためにTMTGを設立し、表現の自由を尊重した検閲のないオープンなSNSを目指し、ビッグテックに対抗するとしていました。(もちろん犯罪に関するものや有害なコンテンツは排除されるでしょうが)

一説によるとTruth Socialはツイッターに似ているとのことです。

当初Truth Socialは中身がオープンソースのMastodonを使用している事が発覚し、AGPLv3ライセンスに違反している可能性が指摘されていました。

その後ソースコードが公開されたため、解決したようです。