北朝鮮でも爆発、UAE・イラク・フランスでは大規模火災――やっぱり不穏だった現在の天体配置

北朝鮮でも爆発事故

8月4日にレバノンで大爆発があったが、北朝鮮でも爆発が起こっていたもよう。3日、北朝鮮北部の両江道恵山市内の民家で爆発があったという。

恵山市は中国との国境の近くにあり、上の動画も中国側から撮影されたものらしい。

プロパンガスに引火か

爆発はプロパンガスに引火したものとみられている。

情報筋の話によると、恵山市内の中心部、塔城洞(タプソンドン)の民家で3日午後6時10分ごろ、火災が発生した。保管していたガソリンに火が付き、プロパンガスのボンベに引火、爆発した。隣家にも飛び火した火災は、次々にプロパンガスを爆発させ、10回も爆発が続いた。

【出典元】北朝鮮の都市で連続爆発…39人死傷、警備隊長を逮捕/デイリーNKジャパン

記事によるとこの爆発による死者は9名、負傷者は30名だという。
ただ不注意の事故のため、一切補償されないというのはかわいそうな気がする。

UAEで大規模火災発生

いまの天体配置は事件事故が起こりそうだというのは、すでに書いたのだが(しつこいけど)、

・7/30 郡山で爆発
・8/3 北朝鮮で爆発
・8/4 レバノンで爆発

これだけでもけっこうな現れ。

だがさらに、アラブ首長国連邦のアジュマンの市場で大規模な火災が発生している。

これだけじゃない。

イラク、フランスも

イラクのナハフで、こちらも食品倉庫が並ぶ一角で大規模火災が発生。

ナハフはイスラム教のシーア派の聖地といわれているらしいが、一部でインフラを狙ったテロ攻撃を勘ぐる声もあるという。

まだある。

フランスでも森林火災。1,000ヘクタール超の森林が燃えたとのこと。

なかなか今の天体配置は現象がシャープに出ているよね。

レバノンの首都ベイルートで大爆発、歴史に残るレベル――ホロスコープは語っていた?

2020年8月5日