『トランプ氏に朗報?』パトリック・バーン氏が予告「約束する。我々はロイヤルストレートフラッシュを持ってる」

パトリック・バーン氏

Overstock.comの創始者で元代表のパトリック・バーン氏が、自身のテレグラムで意味深な予告をしている。なおこのアカウントは現在本人認証の申請中とのこと。

バーン氏は実業家時代に築いた潤沢な資金を元にサイバー調査チームを率いており、2020年大統領選挙での疑惑を調査しているもよう。

以前ホワイトハウスで行われたトランプチームの会議にも出席し、自身のサイトでそのときの経緯を手記に書いたのは以前ここでも取り上げた。

その手記では、トランプ氏の顧問ルディ・ジュリアーニ弁護士や、ホワイトハウスの顧問達とのガチのやり合いが克明に記され、トランプ氏がどのようにしてホワイトハウスを去ることになったのかを知る手がかりになった。

その手記は現在AmazonでKindle出版されている。

バーン氏の予告

こんにちは。最新情報をアップデートします。
私の予想を、2週間から6~8週間に変更します。もっと早くなるかも。

すべてのモヤモヤが晴れて、真実が明らかになり、誰も否定できなくなるでしょう。

約束します。我々はロイヤルストレートフラッシュを持っています。ただそれを披露するには時間が必要です。

それまでに何かが二転三転するかもしれませんが、それを乗り越える橋が出てくるまで6~8週間かかるとみてます。

でも我々は、この最低な奴らの尻尾をつかみました。
誓います。

そういえばこれとは違うかもしれないが、アリゾナ州マリコパ郡の選挙疑惑の調査チームの業者も決定したもよう。

その調査にはジョヴァン・ピュリッツァー博士の技術も使用されるようだ。もしかしたら進展があるかもしれないね。

『続4・敗因』なぜトランプ氏が負けたのか、パトリック・バーン氏の手記がすべてを物語っていた(第6章-余波)

2021年2月10日

『続3・敗因』なぜトランプ氏が負けたのか、パトリック・バーン氏の手記がすべてを物語っていた(第5章-ラスト)

2021年2月8日

『続2・敗因』なぜトランプ氏が負けたのか、パトリック・バーン氏の手記がすべてを物語っていた(第4章)

2021年2月5日

『続・敗因』なぜトランプ氏が負けたのか、パトリック・バーン氏の手記がすべてを物語っていた(第3章)

2021年2月2日

『敗因』なぜトランプ氏が負けたのか、パトリック・バーン氏の手記がすべてを物語っていた

2021年1月29日

『これは事実?』パトリック・バーン氏のツイートが話題「トランプ側近たちは負けを望んでる」「内側から裏切られてる」

2020年12月21日