ワクチン以降、ヨーロッパで子供の超過死亡が691%も増加

子供の超過死亡が691%も増加

2021年5月にEMA(欧州医薬品庁)がファイザー製ワクチンの緊急使用を承認して以来、ヨーロッパでは子供の超過死亡が691%も増加しているという。

超過死亡とは、予測される死亡者数に対する実際の死亡者数の増加分で、感染症のパンデミック時などに用いられる指標です。

それによると、

【0~14才の子供の平均死亡者数】
ワクチン前(2017年第22週~2021年第33週)→234.75人
ワクチン後(2021年第22週~2022年第33週)→1,856人

となっており、約691%も増加していることがわかりました。

大手メディアは報じない

これはEuroMOMO(European Mortality Monitoring Project)が提供しているEU29ヶ国+準国家における毎週の国内死亡者数統計データを基にしているようです。

EuroMOMOは、欧州疾病予防管理センター(ECDC)および世界保健機関(WHO)の支援を受けており、参加EU諸国における、インフルエンザ・その他の公衆衛生上の脅威に関連する過剰な死亡数をリアルタイムで検出・測定することを目的としているという。

いずれにしてもこれらの数字が偶然なのかはわかりませんし、ワクチンとの医学的な関連性もわかりませんが、ハッキリしているのはこうした数字は大手メディアは報じないということ・・・なぜなら山羊座時代だからです。

実際はもっと衝撃的な情報もありますが、ここで取り扱うには限界もありますので、だから個人一人一人が情報に対する敏感なアンテナを持つべきだと思うのです。

できればこういうニュースは見たくない↓