中国、コロナパンデミック発生前からPPE(防護具)を買い占めていた?――税関記録から判明

中国、コロナ発生前からPPEを買い占めていた?

中国が、コロナウィルス発生の数ヶ月前から感染防護具(PPE)の備蓄を始め、輸出を厳しく制限していた疑いが出ています。

テレグラフによると、中国から米国へのPPE輸出は、2019年8月から9月にかけて約50%減少していたという。

また同時期に中国はヨーロッパ、オーストラリア、アメリカなどからPPEを買い占めていたとも言われています。

原因不明のウィルス性肺炎は、2019年12月8日に中国の武漢市の保健機関より報告され、12月31日にWHO(世界保健機関)に報告されました。

翌2020年1月9日にWHOが「新型コロナウィルス」によるものだとする声明を発表しています。

DHSは調査せず

この疑惑は国土安全保障省(DHS)の上級健康顧問トム・マクギン博士、食品保護・防衛研究所の上級研究員ジョン・ホフマン大佐などによって主張されました。

この2名は、ウィルスが武漢の生鮮市場から発生したという説明を信じず、別の説を調査し始めました。

輸出入品の追跡をする税関・国境警備局のデータベースを調べたところ、中国はコロナが発生する以前からPPEを買い占めていたことがわかったという。

そこで過去3年間分のデータをさかのぼってみたら、通常の動きとは違うことがわかり、この情報をDHS(米国土安全保障省)の大量破壊兵器対策室に報告したものの、調査が見送られたという。

2019年9月下旬にバックオーダーを抱えていた

そこでホフマン大佐は、211の病院と約2,000の診療所を運営する米国最大の医療システム「HCAヘルスケア」に連絡を取りました。

すると2019年9月下旬に手術着とドレープが不足し、バックオーダーを抱えていたことが明らかになったという。

そこでHCAのスタッフに最近このようなケースがあったのか尋ねたところ、答えはノーで、これほど大量のバックオーダーは見たことがないとの答え。

さらに元国務省職員のデビッド・アッシャー氏によると、中国政府が米国、ヨーロッパ、オーストラリアなど世界中のPPEの在庫を買い占めようとしたことも、不足の原因だったと言っているという。

奇妙なタイミング

奇妙なことに、この問題が起こったのは武漢ウイルス研究所(WIV)がコウモリのウイルス遺伝子配列のデータベースを削除したタイミングと被るという。

マクギン博士とホフマン大佐は、エコヘルス・アライアンスの上級科学者にも相談したところ、匿名を条件に「パンデミックが武漢の生鮮市場から始まったはずはない」と言っていたとのこと。

この件について、DHSはコメントをしていないようです。

事実なら、何かが隠されているんですかね。

※山羊座時代から水瓶座時代へと変わる過渡期です。今後、世の中の流れが変わっていきます。 そんな中で自分のホロスコープはどうなのか、鑑定・ご相談など受け賜っております。
詳しくは→こちら