Facebookは数千人規模の人員削減、Twitterは解雇した人に復帰を要請、ジャック・ドーシーは新たなSNSを構築――SNSの変革期

Facebook、数千人規模の人員削減を計画している?

SNS関連でいくつか情報が出ているのでピックアップしておきます。

まずFacebook(現Meta)が、大規模な人員削減を敢行すると報じられました。

ウォールストリートジャーナルによると、今週中に従業員に解雇通知をするための準備を始めていると伝えています。この大規模な人員削減は数千人規模と言われ、早ければ米現地11月9日にも発表されるという。

同社の大規模人員削減は18年の歴史上、初めてのことになるようです。

Facebookは9月末時点で87,000人以上の従業員を抱えているというが、すでに不要不急の出張を取り止めるよう通達が出されているとのこと。

まあFacebookはここ1年ほどで70%以上も株価が落ちるという尋常じゃない事態に陥っており、それに伴ってマーク・ザッカーバーグCEOの個人資産は1250億ドル→370億ドルに減ったと言われてますから、人員削減も当然といえば当然か。

これは完全にメタバースへのシフトチェンジの失敗以外の何ものでもないでしょう。ザッカーバーグ氏は2019年以降、メタバースに360億ドル以上を投資したというが、決算報告によると数ヶ月のうちに300億ドル以上が消えてしまったと言われています。

そんな中でもバイデン政権と結託してせっせと検閲やって言論弾圧していたわけで、にもかかわらず結局バイデン氏の支持率低下を招いている一端になっており、結果的に自分で自分の足を引っ張った形になってなんだかチグハグだなと。

まあ個人的にはメタバース構想はまだ時期尚早な気がします。一説には社内でも嘲笑されているという情報もありますし、先走っちゃった感が否めないのでは。今後、なにかしらの打開策を打ち出すかもしれませんが。

Twitterは解雇従業員にカムバックを要請か

解雇ネタで言えば、Twitterで大規模な人員削減をしたばかりのイーロン・マスク氏ですが、何人かの従業員にカムバックを呼びかけているという。

ブルームバーグは関係者の話として、Twitter社は解雇した数十人に連絡を取り、戻ってきて欲しいと求めていると伝えています。

カムバックを呼びかけられている人の中には、誤って解雇された者もいるという。また別のケースでは、新たな新機能を構築するために解雇されたスタッフの仕事や経験が必要だと気づき、そうした人たちに復帰を呼びかけているもよう。

左派のやりたい放題ができなくなる

ツイッターについてマスク氏の改革はまだこれからという感じですが、やはり左派からの反発は多いようでウーピー・ゴールドバーグなどは「ツイッターやーめた」宣言しました。

理由はコメディアンのキャシー・グリフィン氏が、イーロン・マスクになりすましたパロディアカウントを運営していたことでBANされたのが気に入らなかったようです。まあ退会するのは個人の自由なので。

ツイッターはこれまで「左派のお気に入りツール」だったわけですが、それは右派を排除してやりたい放題だったからでしょう。

ところがマスク氏が買収して「言論の自由を取り戻す」方針を打ち出したことで、やりたい放題できなくなり、左派はいまマストドンなど別のSNSに鞍替えしているという。

これはかつてトランプ氏がBANされて、右派がどんどん追いやられ、ParlerやGettrなど別のSNSに移っていったのと同じ事です。いつも書いているようにやり過ぎは寄り戻されます。

トレンド操作疑惑

それを如実に表している現象として、最近ツイッターに「トレンド操作」疑惑が指摘されています。

これまでツイッターのトレンドに上がっていた「左翼」「フェミニズム」「ポリコレ系」などのテーマが、マスク氏の買収以来、上がらなくなっているという。こうしたテーマはそれまでツイッターのキュレーションチームが意図的に選んでいたと言われ、そのチームが解体されたから上がらなくなったと考えられています。

まあこういうのは前から言われていたことなのでさして驚きもないですが、実際にそうなったことで奇しくも証明される形になってしまいました。

余談ですがツイッター・ジャパンはろくでもなかった可能性も出ています。まあ捏造の可能性もありますので情報の扱いには注意が必要ですが。

ジャック・ドーシーが新SNS「Bluesky」を創設

もう一つSNSの話題ですが、Twitter創始者のジャック・ドーシー元CEOが、新たなSNS「Bluesky」を立ち上げたとのこと。

Blueskyは民間企業ではなく公益法人で、「オープンで分散型」SNSの構築を目指しているという。どのようなものになるのかまだ想像もつきませんが、他のSNSと相互に作用することができるようになるとのこと。

これはドーシー氏がまだツイッターのCEOだった頃に構想が始まっているようです。ドーシー氏は最近「ツイッターの失敗は自分の責任」だと認めており、それを解決するためのツールとして考案されているという。

2021年1月にドーシー氏は以下のようにツイートしています。

「我々はソーシャルメディアのためのオープンな分散型スタンダードに関する新たな取り組みに資金を提供することで、自分たちの役割を果たそうとしている。我々のゴールは、インターネットの公開会話レイヤーの標準のクライアントとなることです。私たちはこれをBlueskyと呼んでいる」

まあこれについては続報を待ちたいところです。