ジュリアーニ弁護士の電話音声が流出、ウクライナにハンター疑惑と大統領選介入の調査を要求か?

ジュリアーニ氏とウクライナの電話音声がリーク

トランプ氏の私的顧問ルディ・ジュリアーニ弁護士が、ウクライナとの当局と交渉している電話音声がリークされています。

CNNが入手した音声データは、2019年にジュリアーニ氏、ウクライナのゼレンスキー大統領の上級顧問アンドリー・イェルマック氏、米外交官クルト・フォルカー氏の間で行われた電話会議のものです。

この電話会議の中でジュリアーニ氏は、ジョー・バイデン氏への調査と、2016年の大統領選挙介入についてウクライナ側に圧力をかけたと報じられています。

ただこの音声は、2021年4月にBuzzfeed Newsが部分的に書き起こした内容とは、完全には一致しないようです。

ハンター・バイデン氏のウクライナ疑惑

以前書きましたが、ジョー・バイデン氏の息子ハンター・バイデン氏にはウクライナの天然資源会社ブリスマ・ホールディングス社との汚職疑惑がありました。

その汚職を捜査していたウクライナのヴィクトル・ショーキン検事総長を解任するよう、当時副大統領だったジョー・バイデン氏が圧力をかけていたことがわかっています。

けっきょくショーキン検事長は解任され、以後ハンター氏は疑惑追求の手から逃れることができたのです。

この件でトランプ大統領が、ゼレンスキー大統領にバイデン親子を捜査するよう働きかけたことが「圧力だ」と言われ、トランプ氏の最初の弾劾裁判につながっています。

トランプ大統領、弾劾裁判の危機?――のはずが、逆にバイデン氏の支持率下落の不思議

2019年9月27日

ウクライナ側に調査を要求

ジュリアーニ氏の電話音声データに戻りますが、この約40分の電話の中でジュリアーニ氏は、ウクライナにおけるバイデン氏の汚職についての調査と、2016年の大統領選挙でトランプ氏に不利に働くよう介入した件について、公表するべきだと語っているようです。

「(ゼレンスキー)大統領に必要なのは、誠実な検察官を担当にして、2016年の選挙介入について、いま存在している証拠や他の証拠がないのか調査して掘り起こすことだけだ」

音声データによると、ジュリアーニ氏は何度も繰り返し捜査を要求しているようです。さらに、調査を開始すれば米国とウクライナとの外交関係が改善する、とも述べているといいます。

ジュリアーニ氏への疑い

ジュリアーニ氏は今年4月にFBIの家宅捜索を受け、PCやスマホなどの電子デバイスを押収されています。

ジュリアーニ氏へのFBI家宅捜索「あの捜査は違憲」さらに左派メディアがデマ記事で即時撤回のゴタゴタ顛末

2021年5月3日

これはジュリアーニ氏のウクライナでのロビー活動について、外国代理人登録違反の可能性が疑われているとのことです。

ジュリアーニ氏は、上に書いたハンター・バイデン氏とブリスマ社との関係について、個人的に調査をしていたようです。

現在も捜査は進行中ですが、ジュリアーニ氏は不正を否定しています。

またハンター氏がお騒がせに

CNNの記事では、ジュリアーニ氏が主張していることは「根拠がない」と述べています。しかしジュリアーニ氏には「ハンター・バイデンのHDD」という根拠があるのでは。

ただ、そんなハンター氏も今タイムリーに話題になっています。さきほど「Hunter Biden」がツイッターの米国トレンド入りしていました。

なんでも、またラップトップPCから新たなネタが出たようです。

それによると、弁護士とのメッセージのやり取りの中で、Nから始まる差別ワードを何度も使っているとか。

数日前に父親のバイデン大統領は、タルサ虐殺から100周年を迎えるにあたって、人種差別を非難する演説を行ったばかりのタイミングです。

相変わらずお騒がせ息子です。

トランプ氏にも影響?

ジュリアーニ氏の音声に関しては、今のタイミングで出てきたと言うことは、ちょっと物議になるかもしれません。トランプ氏も絡むことなので左派メディアは騒ぐでしょう。

そういえばサイキックの人が「トランプ氏が逮捕される」というビジョンを見た、と最近一部で話題になってましたね。まああくまでビジョンなのでどうなんでしょう?という感じですが。

ただ確かにニューヨーク州司法長官がトランプ氏の会社を刑事捜査していると報じられていますので、可能性が全くないというわけではないかもしれません。ジュリアーニ氏のFBI捜査もトランプ氏絡みでしょうし。

そういえばトランプ氏のホロスコープも相変わらず何があってもおかしくない状態ですからね。思わぬどんでん返しの可能性もあります。

大統領選での事と、それ以降のネガティブな流れは、まだ続いているかもしれません。

ではこの辺で失礼します。

トランプ氏の会社が刑事捜査に、NY司法長官・検察が協力――そのウラに見えるものとは?

2021年5月20日