エプスタインの裁判資料に公開命令、個人名が明かされる事に――さらなる事実が明らかになるか?

Department of Justice, Public domain, ウィキメディア・コモンズ経由で

エプスタイン裁判文書が公開

まだエプスタイン事件は終わってません。

未成年性的虐待や人身売買などで逮捕され、拘留中の刑務所内で2019年8月に自殺したとされる資産家ジェフリー・エプスタインに関する裁判文書が公開されることになりました。

この文書は2015年当時バージニア・ロバーツ・ジュフレ氏が、エプスタインと共謀していたと言われるギレーヌ・マックスウェルに対して起こした名誉毀損訴訟の時のもので、裁判自体はすでに2017年に和解が成立しています。

これにより裁判文書で匿名とされている8人について、身元が開示される可能性があります。

プライバシー権より公共の利益が上回る

文書公開について弁護士は、名前を明かすことは「当事者の評判を傷つける」として異議を唱えていました。

これに対して米現地11月18日にニューヨーク州南部地区連邦地方裁判所のロレッタ・プレスカ判事は、「プライバシーの権利よりも公共の利益が上回る」と判断しています。ただ、文書の公開日については言及されていません。

匿名のうち1人は、ハイアットホテル執行会長である富豪のトム・プリツカー(トーマス・プリツカー)氏だと言われています。

プリツカー氏は文書の公開に反対していましたが、判事は内容が悪質な行為を特定するものではないとして同意しませんでした。

被害者の名前も含まれる

公開される可能性があるのは、John Doe 12, 28, 97, 107, 144, 147, 171, 183とされている8名です。

これらの匿名者はすべてがエプスタイン側の人物ではなく、被害者も含まれているようです。

そのうちの一人はエミー・テイラー氏といわれており、マックスウェルの個人秘書を務めていたとされるイギリス人女性です。エプスタインのプライベートジェットの搭乗者リストにもしばしば名前が載っているという。

テイラー氏は文書の公開に異議を唱えましたが、プレスカ判事は却下しています。

もう一人は「Doe 147」と推測されているサラ・ランサム氏で、ファッション関係の大学を希望してニューヨークに渡った時にエプスタインに勧誘されています。ランサム氏は2度も自殺未遂をしているという。

プレスカ判事は事件の公共性から見て、これらの人物はもはや匿名であるべきではないと述べています。

そのほかの人物

そのほか「Doe 12」については、典型的な部外者だとして封印されたままになります。この人物はただの周辺人物であり、エプスタインやマックスウェルの被害者ではないという。

「Doe 28」については、性的暴行の被害者でありトラウマを経験し続けているとして、こちらも封印されたままになるようです。

「Doe 183」についてはマックスウェル裁判でも登場しており、激しいメディアの報道の対象であることから「公開されるべき」としましたが、本人が望めば控訴ができるよう、公開は11月28日まで行われません。

エプスタインとの共謀の罪に問われたギレーヌ・マックスウェルは2022年6月28日に懲役20年を言い渡され、現在フロリダ州タラハシーの連邦刑務所に収容されています。