米国のファーストレディー、ジル・バイデン夫人の伝記が発売も、売上は大爆死!――発売1週間で売れた部数は?

ジル・バイデン夫人の伝記

米国のファーストレディーでバイデン大統領夫人であるジル・バイデン氏の伝記が発売されて話題になっています。

そりゃ2020年の大統領選挙で、史上最高といわれる81,284,000票あまりを獲得して就任したジョー・バイデン大統領夫人の伝記ですから、さぞ売れると思ったことでしょう。

『Jill: A Biography of the First Lady』とタイトルされたこの本は、日本でもAmazon Kindleで1,400円ですぐに読むことができます。ただし英語版だけど。

発売第1週の販売部数は

AP通信の記者2名が書いたこの伝記は、「ジル・バイデンのプライベートな面を明らかにしています。悲劇も幸運も乗り越えて、バイデン一家を結びつけてきた彼女の人柄をより深く理解することができます。」と説明されています。

伝記は米現地4月19日に発売され、ハードカバー版は26ドルです。さてどれくらい売れたでしょう?

左派メディアPoliticoが報じたところによると、発売第1週目に売れた部数は250部だと明かしています。250万部ではありません、250部です。1日の売上部数ではありません。1週間で250部です。

米Amazonでは評価が2件、うちレビューが1件だけ付いていました。

26ドルを払ってジル・バイデン夫人の人柄を知ろうとした消費者は少なかったようですが。

SNSの反応

SNSでは「8,100万票も獲得したのに」「彼女の夫は歴代大統領の中で最も多い票を獲得したんだが」「ジョー・バイデンは8,100万票、ジル・バイデンの本は250部、リーズナブルだ」など、揶揄とも取れる声が上がっています。

まあ今後も何かあるたびに「8,100万票」という数字が引き合いに出されるんでしょう笑。