『衝撃』ファイザーワクチンの副作用のリストが公開!――ファイザー社はこれを2097年まで隠そうとしていた

FDAがファイザーワクチンの機密文書を公開

爆弾情報です。

ついにFDA(米食品医薬品局)が、「ファイザーCOVID-19のワクチン有害事象の記録」を公開しました。

これはファイザー社が2097年まで秘密にしようとしていた情報の、ごく一部です。

この文書は「承認後の有害事象の累積分析」というタイトルで、38ページに及ぶファイザー製ワクチンが原因として起こる有害な事象について焦点を当てています。

以前もこのブログで取り上げていますが、これは医師や科学者からなるグループ「PHMPT」が、FDAに対して情報公開請求を求めていたもので、FDAは当初「75年かかる」とゴネていました。

法廷で争われ、2月2日に連邦裁判所のマーク・ピットマン判事が「月に5万5千ページづつ」公開するよう命令を出しました。その手始めとして、3月1日と4月1日に1万ページずつを公開するよう命じたものです。

FDAとファイザーが75年も隠そうとした理由がわかった

非営利団体「チルドレンズ・ヘルス・ディフェンス(CHD)」の代表兼法律顧問のメアリー・ホランド氏は、「これは爆弾情報だ」といいます。

少なくとも、FDAとファイザーがなぜこのデータを75年間も隠そうとしたのかが、今わかった。

これらの研究結果は、ファイザーのCOVIDワクチンをすぐに止めるべきものです。深刻な害を及ぼす可能性は非常に明らかであり、ワクチンのダメージによって傷ついた人が、損害賠償を訴えることは禁止されているのです。

2020年12月中旬~2022年2月18日までに、米国の「ワクチン有害事象報告システム(VAERS)」に寄せられた報告で、コロナ感染後の死亡者24,402人を含む1,134,984件の有害事象が報告されているといいます。

その中で心筋炎および心膜炎の症例は約4,000件で、内訳はファイザー2,475件、モデルナ1,364件ほかとなっており、この中には12~17才の児童のものが643件あるとのこと。

この極めてリスキーな製品を、幼い子供達に触れさせることは犯罪的です。

VEARSのデータは、ワクチンが多くの人々に与える破滅的な健康への影響を示していますが、ファイザーや他のワクチンメーカーは、彼らのワクチンによる損害や死亡に対して責任を問われる恐れもなく、何十億ドルというお金をかき集めています。

バイデン大統領とのつながり?

またナショナルファイルによると、ペンシルベニア大学はバイデン大統領のシンクタンク「ペン・バイデン・センター」に資金を提供しており、ファイザーとモデルナのワクチンの売上から直接利益を得ていると伝えています。

さらにペンシルベニア大学は、FDAがファイザーワクチンを承認すると「目標達成報奨金」を得ることができるとし、これがバイデン氏にとって大規模な利益相反になると指摘しています。

しかも誰かがペンシルベニア大学を訴えても、民事責任から保護されているとのこと。

特筆すべき有害事象のリスト

この文書には「特記すべき有害事象のリスト」として、ワクチン接種後の1,291種類の有害事象が挙げられています。

【特記すべき有害事象のリスト】
1p36欠失症候群
2-ヒドロキシグルタル酸尿症
5’ヌクレオチダーゼ増加
音響神経炎
後天性C1インヒビター欠乏症
後天性表皮水疱症
後天性てんかん性失語症
急性皮膚エリテマトーデス
急性播種性脳脊髄炎(Acute disseminated encephalomyelitis)
難治性の反復性部分発作を伴う急性脳炎
急性熱性好中球性皮膚症
急性弛緩性脊髄炎(Acute flaccid myelitis
急性出血性白質脳炎
乳児期急性出血性浮腫
急性腎臓障害
急性黄斑部外網膜症
急性運動軸索ニューロパチー
急性運動感覚軸索ニューロパチー
急性心筋梗塞
急性呼吸窮迫症候群
急性呼吸不全
アジソン病
投与部位の血栓症
投与部位の血管炎
副腎血栓症
予防接種に伴う有害事象
無味覚症
無顆粒球症(Agranulocytosis
空気塞栓症
アラニンアミノトランスフェラーゼ異常
アラニンアミノトランスフェラーゼ増加
アルコール性発作
アレルギー性気管支肺真菌症
アレルギー性浮腫
自己免疫性肝炎
円形脱毛症
アルパース病
肺胞タンパク症
アンモニア異常
羊膜腔感染症
扁桃海綿体切除術
アミロイド関節症
アミロイドーシス
老人性アミロイドーシス
アナフィラキシー反応
アナフィラキシーショック
アナフィラキシー輸血反応
アナフィラキシー反応
アナフィラキシーショック
妊娠アナフィラキシー様症候群
血管性浮腫
血管障害性ニューロパチー
強直性脊椎炎
アノスミア
抗アセチルコリン受容体抗体陽性
抗アクチン抗体陽性
抗アクアポリン4抗体陽性
抗基底神経節抗体陽性
抗環状シトルリン化ペプチド抗体 陽性
抗上皮性抗体 陽性
抗赤血球抗体 陽性
抗エキソソーム複合体抗体 陽性
抗GAD抗体 陰性
抗GAD抗体陽性
抗ガングリオシド抗体 陽性
アンチグリアジン抗体陽性
抗糸球体基底膜抗体陽性
抗糸球体基底膜症
抗グリシルtRNA合成酵素抗体陽性
抗HLA抗体検査陽性
抗IA2抗体陽性
抗インスリン抗体増加
抗インスリン抗体陽性
抗インスリン受容体抗体増加
抗インシュリン受容体抗体陽性
抗インターフェロン抗体 陰性
抗インターフェロン抗体陽性
抗アイランド細胞抗体陽性
抗ミトコンドリア抗体陽性
抗筋肉特異的キナーゼ抗体 陽性
抗ミエリン関連糖蛋白質抗体陽性
抗ミエリン関連糖蛋白質関連多発性神経炎
抗心筋抗体陽性
抗神経細胞抗体陽性
抗好中球細胞質抗体増加
抗好中球細胞質抗体陽性
抗好中球細胞質抗体陽性の血管炎
抗NMDA抗体陽性
抗核抗体増加
抗核抗体陽性
抗リン脂質抗体陽性
抗リン脂質症候群
抗血小板抗体陽性
抗プロトロンビン抗体陽性
抗リボソームP抗体陽性
抗RNAポリメラーゼIII抗体陽性
抗サッカロミセスセレビシエ抗体検査陽性
抗精子抗体陽性
抗SRP抗体陽性
アンチシンセターゼ症候群
抗甲状腺抗体陽性
抗トランスグルタミナーゼ抗体上昇
抗VGCC抗体陽性
抗ビメンチン抗体陽性
抗ウイルス剤の予防
抗ウイルス剤治療
抗亜鉛トランスポーター8抗体陽性
大動脈塞栓症 – 多くの人がこの注射が原因で死亡しています。
大動脈血栓症 – 心臓からの主動脈にできた血の塊
大動脈炎-心臓から来る一番太い動脈に起こる炎症
純赤血球無形成症
再生不良性貧血
アプリケーション部位血栓症
適用部位の血管炎
不整脈
動脈バイパス閉塞
動脈バイパス血栓症
動脈血栓塞栓症
動静脈瘻血栓症
動静脈グラフト部狭窄症
動静脈グラフト血栓症
動脈炎
冠状動脈炎
関節痛
関節炎
腸炎性関節炎
腹水
無菌性海綿状静脈洞血栓症
アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ異常
アスパラギン酸アミノ基転移酵素の増加
アスパラギン酸-グルタミン酸トランスポーター欠乏症
AST/血小板比指数の増加-HIV陽性者における死亡率の上昇と関連している。
AST/ALT比異常
気管支喘息
無症状 COVID-19
運動失調
アテローム性塞栓症
アトニック発作
心房血栓症-心臓の心房の中にできた血のかたまり
萎縮性甲状腺炎
非定型良性部分てんかん
非定型肺炎
オーラ
自己抗体陽性
自己免疫性貧血
自己免疫性再生不良性貧血
自己免疫性関節炎
自己免疫性水疱症
自己免疫性胆管炎
自己免疫性大腸炎
自己免疫性脱髄疾患
自己免疫性皮膚炎
自己免疫疾患
自己免疫性脳症
自己免疫性内分泌疾患
自己免疫性腸疾患
自己免疫性眼疾患
自己免疫性溶血性貧血
自己免疫性ヘパリン起因性血小板減少症
自己免疫性肝炎 – Pfizer COVID注射によりヒト肝細胞にSARS-CoV-2スパイクDNAを産生させる
自己免疫性高脂血症
自己免疫性甲状腺機能低下症
自己免疫性内耳炎
自己免疫性肺疾患
自己免疫性リンパ増殖症候群
自己免疫性心筋炎
自己免疫性筋炎
自己免疫性腎炎
自己免疫性ニューロパチー
自己免疫性好中球減少症
自己免疫性膵炎
自己免疫性汎血球減少症 – 汎血球減少症とは、すべての血球が減少している状態です。
自己免疫性心膜炎-心臓を覆う袋の炎症
自己免疫性網膜症
自己免疫性甲状腺疾患
自己免疫性甲状腺炎
自己免疫性ぶどう膜炎
幼児性腸炎を伴う自己炎症
自己炎症性疾患
てんかん性オートマティスム
自律神経系のアンバランス-体位性低血圧の人はこれがある
自律神経発作
軸性脊椎関節炎
腋窩静脈血栓症(Axillary vein thrombosis)
軸索・脱髄性多発ニューロパチー
軸索性ニューロパチー
など
(参考:The Pfizer List of Adverse Events of Special Interest – A

実際の公開文書↓

今後も公開

今後も、FDAのファイザーワクチンに関する文書が順次公開される予定です。

これもリークの一種ですね。

左派メディアはこれを報じるんでしょうか。