池袋暴走といい、屋台突っ込みといい、なにかとプリウスが物議――ホロスコープの怪

プリウスの危険性が話題?

母娘の命を奪った池袋の暴走事故以来、何かとトヨタ・プリウスが取り沙汰されるていると思うんだけど。

つい先日も関越道の高坂サービスエリアで、プリウスが屋台の焼き鳥屋に突っ込んだっていうのがニュースになってた。

プリウスに限って、以前からコンビニなどに突っ込む事故がよく起こっている気がするのは確かだし、また無謀な運転をするプリウスのドラレコ映像が、YouTubeにあがっていたりするのもよく見かけるし。

はびこる「プリウスミサイル」「DQNプリウス」

こういう現象は特にプリウスだから目立つのか、固有のネットスラングで呼ばれていたりする。突っ込み型は「プリウスミサイル」、無謀運転型は「DQNプリウス」っていう。

今は池袋の事故とか屋台突っ込みに見られるような、主に高齢者のミスあるいはボケによる暴走問題、つまり「プリウスミサイル」の方がタイムリーな話題になっているけど。

一方で、後者の「DQNプリウス」も、日常的に運転してれるドライバーにはけっこう認知度あるかもしれない。その証拠にYouTubeで「DQNプリウス」とサーチかければ、どれだけ出てくるか。

YouTube「DQNプリウス」

世界初のハイブリッドカー

ご存知のように、そもそもプリウスというのは、ガソリンエンジンと電池を併用して走る世界初のハイブリッド(HV)自動車であり、ガチな革命的商品だった。たしかアメリカでは最初の頃、エコ思想なインテリ層が食いついたと記憶してる。

当然ながら地球に優しい、燃費に優しいっていうのでこれまで売れに売れ、そもそも市場に出回ってる分母の数が多いから目立つのも当然、という理論は当然あるわけだけど、それを考えたにしてもプリウスのネガティブな評判は多い気がするのはなぜか――同じトヨタのHV車・アクアにはこうした声をあまり聞かない気がする。

むろん、プリウスとアクアにはサイズの違い(セダンとコンパクトカー)という大きな差がある。アクアも台数的には相当売れたけど、おそらく営業車などの用途が高い気がする(あくまで個人的感想だけど)。社名がプリントされたアクアをよく見かけるので。

プリウスのホロスコープ

ただ今回、なにもプリウスを貶めるために書いているわけではなくて、なぜプリウスに限ってこうなんだ?ってのを考えた時に、必然的にホロスコープはどうなんだろ、と疑問を持ったという話。

トヨタ・プリウス

月が・・・ボケといい激情といい、確かにあるなと(笑)

ちなみに自動車にホロスコープ関係ないだろ、っていう人のために

アクアのホロスコープ

トヨタ・アクア

こちらは安定の月。

製品といえど、やっぱりそうなっちゃうのかな、って話。

ちなみに今って、プリウスの太陽にトランジットの海王星が90度だよね。いかにもミス出そう。