ワクチン傷害になった元オーストラリア医師会長が暴露「医師は当局に脅され、検閲されている」

元オーストラリア医師会長が暴露

医療界の闇が内部から語られました。

元オーストラリア医師会(AMA)会長のケリン・フェルプス博士は、自分も妻もコロナワクチンの深刻な副作用に苦しんでいることを明かし、さらに規制当局によって「脅され」、副作用について話さないよう「検閲」されていると明かしました。

フェルプス博士は元シドニー市副市長で、オーストラリアの国会議員にもなった医学博士です。女性ですが1998年に元小学校教師のジャッキー・ストリッカー=フェルプス氏と同性婚をしています。

このたびフェルプス博士が政府のコロナ調査に回答した文書の中で、長期的な健康被害や、抑圧されてきたワクチンの副作用に関しての議論など、これまでタブーとされてきたことに切り込みました。

ワクチン傷害

フェルプス博士は自身が接種する前に、ワクチンについてたくさん下調べをしたという。副作用については「最悪なのはアナフィラキシー」であり、心筋炎や心膜炎は稀であると言われたという。

しかし2021年7月に2回目のファイザーワクチン投与後、「ワクチン傷害」と診断されました。この時、「診断と因果関係が専門家の同僚によって確認された」と述べています。

彼女はCT肺血管造影、心電図、血液検査、心臓エコー、経胸壁心臓ストレスエコー、ホルターモニター、血圧モニタリング、自律神経テストを受けましたが、断続的な発熱を伴う自律神経失調症と、息切れ、不適切な洞性頻脈、血圧の変動などの心血管系の影響があったという。

これらの副作用は治療薬管理局(TGA)に報告されたものの、その後のフォローアップは行われなかったと主張しました。

妻にも傷害が

また妻について「妻が初めてファイザー社のワクチンを接種した際、私や他の医師、正看護師の観察のもと、数分以内に顔や歯ぐきの火傷、感覚障害、手足のしびれなど重度の神経学的反応を起こしたのを直接目撃している」

「1年半後、疲労感と神経痛、嗅覚障害、視覚障害、筋骨格系の炎症などの神経症状が追加され、壊滅的な影響を観察し続けている。」

また「診断と因果関係は複数の専門医に確認され、同じような状況の患者を “たくさん “見てきたと言われています」

フェルプス博士はワクチン傷害者グループの人たちからも話を聞いたという。

「彼らは答えを探し、興味を持って助けてくれる医師や専門家を見つけ、医療調査に多額のお金を使い、友人や家族からは孤立し、労働時間を減らし、仕事を失い、社会や文化のイベントを避けなければならなかった」

当局は検閲している

フェルプス博士は、重篤な副作用を経験した他の医師とも話しをしたといい、「ワクチンの損傷は、医療関係者の多くが語りたがらないテーマ」だと述べました。

医療界の規制当局は、ワクチン接種後の有害事象に関して話すことを「検閲」しており、政府のワクチン政策を邪魔するようなことは一切公言しないよう規制されているといい、「医師登録の停止や剥奪のリスクを負うように脅されている」と語っています。

実際、オーストラリア開業医規制庁(AHPRA)は昨年、コロナワクチンの全国展開を「弱体化」させようとする者は、登録取り消しや起訴される可能性もあると警告していたという。

最善の科学的証拠と矛盾する反ワクチン声明や健康アドバイスの推進、または全国ワクチンキャンペーンを積極的に損なおうとする行為(ソーシャルメディア経由を含む)は、政府委員会のサポートを受けておらず、行動規範に違反する可能性があり、調査および規制措置の対象となる可能性があります。

Giving, receiving, sharing – advice for healthcare workers /AMA

フェルプス博士によると、2022年6月の時点で11人が停職処分を受けたとのこと。

過小報告による認知の遅れ

博士は、ワクチン障害への認知が遅れているのは、過小報告が一因としてあるという。

TGAに報告された最新情報では、約6440万回のワクチン投与に対して137,141件の有害事象報告があり、その割合は0.2%です。

しかし「TGAは受動的な報告しか受け付けない」ため、実際にはもっと多い可能性があると言っています。「相当数の」人々がロングCOVIDに苦しんでおり、再感染が深刻な危険因子であることは明らかである、と述べました。

WHO(世界保健機関)によると、COVIDに感染した人の10〜20%が、症状が長引く「ロングCOVID」と推察されているという。

フェルプス博士は「オーストラリアは、感染、ロングCOVID、再感染を最小限に抑えるための長期的かつ包括的な計画を今すぐ立てる必要がある」といい、「それはロックダウンに戻るという意味ではない」と主張しました。

※山羊座時代から水瓶座時代へと変わる過渡期です。今後、世の中の流れが変わっていきます。 そんな中で自分のホロスコープはどうなのか、鑑定・ご相談など受け賜っております。
詳しくは→こちら