元貴乃花親方が景子氏と離婚――ホロスコープからすればどっちもどっちなワケ

image

元貴乃花親方の花田光司氏が河野景子氏と離婚したという。花田氏いわく、これは「卒婚」だそう。まあ印象としては、ここ一連の騒動の中でそんなウワサも流れていたので、やっぱりかという感じだけど。それにしても、なんでこの人こんなに人生ドタバタなの?と思うかもしれないが、それはホロスコープ通りなので。

ハッキリしている花田光司氏のホロスコープ的暗示

花田氏のホロスコープについてはここでこれまで再三触れてきた。今回それに加えるとするならば、氏はすでに木星の年令に入ったので、このホロスコープでいうと真の意味での独立という年令域を迎えたことだ。それは相撲協会からの独立、そして家庭からの独立という両面に現れた。そしてそれは後ろ向きなものでなく、向上を目指してのものである。

花田光司氏:離婚時

花田光司氏:離婚時

さらにトランジットの冥王星は相変わらずMCに重なっているし、天王星もACのあたりをウロウロしている。これが人生の行動に影響なければホロスコープになんの意味があるのか、と言わんばかりのど真ん中の直球だ。

それとこれは以前も書いたけど、今年46才の花田氏のハーモニクス46図は、彼がこの年齢において方向性を打ち出す事がハッキリ感じられるものであり、人生の中でもこれだけアクションを示す時期もそうないだろう。そのモチベーションは11ハウス・12ハウスとダブルで起こっており、実際の場と精神、その両方の独立性を暗示させるものだった。

これほどまでのホロスコープの暗示?後押し?があっての、今年の誕生日すぎの退職届、さらに離婚、なのである。

これまたハッキリの河野景子氏のホロスコープ的暗示

花田氏は現役引退後に二子山部屋を継ぎ、その後、貴乃花部屋として2016年にそれまでの中野区から江東区へ移転した。その移転時に、景子氏が自宅に残ったために別居とも報じられていた。

景子氏はその2016年に美容品やイベントなどを行う会社「ル・クール」を設立しているので、なんとなくその頃から双方の方向性が違ってきたのかもしれない。関係ないけど2016年といえば、なかなかの天体配置の年なので、景子氏の会社が今後どうなるのか気になる。

河野景子氏:出生ホロスコープ

河野景子氏:出生ホロスコープ

河野景子氏は出生時間がわからないけど、ホロスコープを見ると、やはり結婚には一癖二癖もあるかもしれないという印象を持つ。この人が結婚を全うするには、なにかしらの特殊な条件が必要だったろう。

にしても子供3人を生んで育て上げ、50才すぎまで維持してきたのは立派といえるかもしれない。ただこの人は土星の年令に近づくに従って、どうしても「フリー」というのがキーワードとして上がってくる。フリーは仕事の意味もあるだろうしプライベートの意味もあるだろう。

この人は蠍座と水瓶座という相反する性質を持っていて、一致団結して部屋を頑張ろうという意志と、一方で距離を置きたいというものがホロスコープの中でぶつかり合っている。だから別居も離婚もそれなりだと思う。

(蛇足)長男・花田優一氏について

まあ巷では長男の優一氏が原因、みたいな報道もあるけど、優一氏はいま月・天王星・天王星ハードなので、人の言うことなんか聞いてられっか、って感じだし、まだ金星の年令で甘えもあると思うので、少し時間が必要かと思う。